会社紹介

浦崎 政虎

Masatora Urasaki / エンジニア

琉球王国出身。琉球王国にて自由な親に育てられた。何かを作って人を喜ばせることが好き。

小学生の頃はほんとに自由でとにかく体を動かしたい少年だった、学校に登校してもあまり授業には出席せず理科の先生と学校の美化作業を行なっていた。

理科の先生と美化作業を行なっている中で起こったことを化学や物理の問題形式で出題するというような育てられ方をしたので、授業に出席しなくても理科のテストは100点を取れないことが珍しかった。理科が大好きになったが、暗記系の国語/社会はボロボロ。

今思うと、そういう教育をされてよかったと思っている。その育て方に1番感謝している部分は数学。問題を解くための公式がわからないので初めはボロボロだったが「公式がわからないなら自分で公式を作ればよい」という考えに至り、問題をみて自分で公式を考え、解くということをやっていた。

中学生になると流石に限界がきたが、自分で公式を考えるという行為はプログラムの処理を考えることに似ているので、幼少期の体験がなければプログラムを楽しいと感じることもなくエンジニアになっていなかったかもしれない。

高校卒業後、面白そうという理由で上京する。社会人一歩目の会社は住友重機械工業。ここで飛行機のブレードを作る金属加工の職人をやっていた。その時に見つけた趣味がコーディングやプログラミング。次第に楽しくなり、これを仕事にしたいと思いベイジへ入社。

勉強はフィリピンのセブ島でやっていた。資本主義の悪い部分と行政のずさんさを目の当たりにし価値観が塗り替えられた。そこで出会ったある人がきっかけでデザインの大切さに気づきデザインもやりたいと思っている。

ベイジに問い合わせる
1週間で12件のお問い合わせが入りました 1ヶ月間で100件のお問い合わせが入りました