編集者の経験から考える文章校正の仕方と注意すべきこと

私は数年前まで編集の仕事に携わっていたが、中でも文書や資料の校正作業は胸を張って得意だといえる技能かもしれない。小学生の頃から国語辞典や漢和辞典、地図帳を眺めるのが好きで、本や教科書などに誤字脱字を見つけると、訂正の書き込みをするのが癖になっていた。我ながら細かく、執拗と感じるほどだった。

校正を覚える学校や通信教育もあるが、自分は仕事の中での見よう見まねと編集者用の参考書(校正のやり方、赤字の入れ方や校正記号等が書いてある)で覚えた。これまでこの校正作業について体系的に振り返ったことがあまりないので、少し書いてみたい。

4つの校正作業

文字や文章のチェック作業に関しては「校正」「校閲」「推敲」「査読」などいくつか種類があり、それぞれ意味合いが微妙に異なっている。

「校正」は、誤字・脱字や文法など、文章の表面上の間違いを正すこと。

「校閲」は、文字・文章の意味を読み込み、事実確認をし、文脈まで正誤を検討すること。

「推敲」は、読みやすく洗練されたものにするため、文章を何度か読んで書き直すこと。編集における”校正作業”とは、校正と校閲に推敲を加えたものを指すことが多い。

「査読」は、論文などに対し専門性を持った人が審査する、いわゆる”レビュー”のことだ。研究者や専門家が行うもので、校正ではここまで踏み込むことはあまりない。エンジニア同士でソースコードを読み合って検査を行うことも査読にあたる。

文章校正の手順

これまでの自分の校正作業を振り返ると単純な方針と手順があったので、以下にそれをまとめてみた。

1.一つ一つを精査する

当たり前だが、まず校正対象のすべての文字に目を通す。ただ人間には集中力の問題があるので、自信がない箇所は部分的に二度、三度と読み返す。そして違和感を覚えた箇所や引っかかった箇所については検索したり、辞書やハンドブックで調べたりして、違和感を解消していく。

2.全体での表記や整合性を統一する

1が終わったら全ページを通して表記統一されているかチェックする。一部分の校正だけだと表記統一を完全にするのは難しい。

また1の作業中に「ん?これは…」と気になった箇所には、赤字で印をつけたりメモに控えたりしておくと良い。これをしておくと修正漏れが防ぎやすくなる。

流れをまとめると、「虫の目」で細かく見たあと、全体を「鳥の目」で見渡すのが校正のコツといえる。

注意して見ておくべき簡単なポイント

以上の流れを意識した上で、では具体的に注意すべき点を簡単にまとめてみた。

誤字・誤変換

現在はキーボードでの文字入力が多く、単純な打ち間違いによる誤字・誤変換が起きやすい。そのため誤字・誤変換は必ずあるという前提で目を通す。

漢字の閉じ開き

日本語ならではだが、同じ意味の語句を漢字で表すか(閉じる)、ひらがなで表すか(開く)が異なる「表記ゆれ」はよく発生する。必ず全体でどちらかに統一する。

送り仮名

「×行なう→○行う」「×現われる→○現れる」など、送り仮名でも表記ゆれは起きやすいので注意して見る。

同音異義語や何となく似た熟語

例)
同音異義語:「以外 / 意外」「製作 / 制作」「添付 / 貼付」など
見た目や使われ方が何となく似ている熟語:「適応 / 適用」「査収 / 査証」など

誤変換でも起きやすいが、語句の意味や認識を間違えて使用することも多い。本当に意味が合っているかを逐一辞書などで調べ、正す。

他にも「敬語の使い方」や「読みにくい長文を短く整理してまとめる」など様々なポイントがあるが、上記のような基本的な要領を理解した上で、Wordなどの文書作成ソフトの校正機能や自動校正ツールなどを併用すると効果的だろう。

最後に

間違いのないしっかりとした文章や資料を作成することはユーザーやクライアントからの信頼や評価にもつながる。webのコンテンツ制作においても、こうした文字チェックや表記統一の観点は必要不可欠なので、考え方やテクニックをできるだけ社内に伝えていきたい。