なぜデザイナーもマーケティングを知るべきか

社内で勉強会があったので、マーケティング関連の記事を色々と読みあさり、ランチ時に枌谷さんとそれらの話をした。その会話の中で、大きな部分は掴めたようにも感じた。 マーケティングの世界にはデザイナーが聴きなれないような専門用語がたくさんある。時代が変わるにつれて新たな用語も登場する。そういった世界に、デザイナーである自分はややとっつ […]

続きを読む →

新社会人入社にあたって感じたこと

今年も4月に新卒のデザイナーが入ってくる。デザインからコーディングまでの流れを一通り経験したことがないということだったので、卒業制作の合間にできそうな簡単な課題をお伝えしていたのだが、そのデザインが送られてきた。 そのデザインを見ながら、彼女の力をうまく育て、開花させていく最初の役割を担うのが自分であるのだと感じた。その責任は非 […]

続きを読む →

伝わる「褒める」と伝わらない「褒める」の違い

会社で定義している「良い上司の条件」の中に「上手に褒める」という項目がある。 自分自身の経験則となるので誰しもに当てはまるものではないだろうが、「この人は信頼できるなぁ」「こういう人になりたいなぁ」と思った人はこの条件に当てはまっていたと感じる。その人たちの行動を改めて思い返すと「褒める」という行動自体が目的ではなかったのではな […]

続きを読む →

1日2回のショートMTGの効果

この数日間、公開直前のあるプロジェクトに関して、朝と夕方の2回のショートMTGを行っているが、これは非常に有効であると感じる。 それぞれ個別にではなく、全員が何の作業をしているかを全員で確認することで、不要な作業を知らないまま進行していたり、必要な作業が取りこぼされていたり、といったことに気がつかずに進行する、ということがかなり […]

続きを読む →

担当を越えてアイデアを出すことの意義

あるプロジェクトで、デザイン工程が終わって実装に入った段階で、フロントエンドエンジニアの中村さんから「ここのデザインはこうした方が良いのではないか」という実装側からのデザイン提案があった。その時、それはユーザの使い勝手をより良くする提案だと感じてすぐに採用した。 このプロジェクトに限らず、中村さんからはしばしばこうした自分の担当 […]

続きを読む →

クリエイターにもっとも必要な力とは

一生懸命作ったデザインに対して、クライアントやディレクターから「なんかイメージと違う」「なんかあんまり気に入らない」「良くない」「かっこわるい」「野暮ったい」などという辛辣な評価が下された経験が何度もある。 これは僕だけではなく、デザイナーをはじめ、クリエイティブな仕事をしている人ならば誰もが体験することだろう 若いクリエイター […]

続きを読む →

時間にルーズな人が失っているもの

今日はSlack上で時間を守る話があった。 自分は時間を決めたら5分前には行動を起こしておかなければ焦るタイプで、時間はわりと守る方だと思っている。飛行機に乗るときなどは、2時間前に空港に居なければ冷や冷やする。打ち合わせ場所に向かう際にも、初めて行く場所にはかなり早めに到着していないと落ち着かない。 こういった守らなければ失う […]

続きを読む →

クリエイターに求められる+20%の提案

攻撃は最大の防御という言葉があるが、デザインでも企画でも設計でも、この前のめりの姿勢はとても大事である。 クライアントへデザイン提案をする場合、限られた時間の中で脳みそがすり減るほど思考を巡らせ、+20%の提案をしたとしても、その想いがすべて伝わることはないだろう。しかし、+20%の提案をし続けるからこそ、クライアントの信頼や満 […]

続きを読む →

コミュニケーションの質を上げるのに大切なたった一つのこと

先日、社内ディスカッションの中で、「なぜ強制でもないのにSNSに写真をアップするんですか?」という質問をしたことがあった。みなさんの回答は「やっぱりいいね!されることを期待しているから」という返事だった。とても当たり前の話だが、仕事のシーンになると、案外忘れてしまう話ではないだろうか。 評価されたり、良いフィードバックがあると、 […]

続きを読む →

20代と30代ではデザインの学習の仕方が変わる

30代以降のスキルアップには、20代の頃の勢いに任せたがむしゃらで荒削りなスキルアップではなく、ある程度の計画性が必要だ。 20代の頃は、元々のスキルが白紙状態のため、どんなやり方で仕事をしても、そこそこに技術は磨かれていく。しかし、30代に入り、それなりに経験を経ると、どうすればどんな効果が生まれるのか、その仕組みをきちんと理 […]

続きを読む →