「いいコード」を書くためにできること

GitHub の Explore におもしろそうなリポジトリが出ていた。コードが短く、ざっと読んで全体を把握できたので JavaScript で書かれていたものを勉強がてら TypeScript で書き直してみた。最初は単純に型をつけていただけだったが、ひとつの変数に数値と真偽値を代入している箇所の処理に悩んだ。 その変数は A […]

続きを読む →

ひとりでプログラミングを学ぶうえで役に立った(と思う)こと

休みの間にRustで遊んでいた。新しい言語を触るのが好きなので、いままでいろいろ試してきたが、あらためて振り返ってみるとこの趣味はひとりでプログラミングを学ぶうえでとても効果的だったと感じた。 Javaが私のはじめての言語だったが、ループは変数を加算(減算)することで定義することが多かった。拡張for文のようなスマートな方法も本 […]

続きを読む →

使いやすいシステムと読みやすいコード

先日の情報共有では荒砂さんから「オブジェクト指向のデザイン」についてお話があった。なんとなく話は聞いたことがあったが、詳しい説明を聞いて理解が深まった。 その中でGUIとCLIの話があった。使いやすいGUIは「対象 -> 動作」のように、最初に対象を選んでから行いたい動作を選ぶように設計されていることが多いらしい。たとえば […]

続きを読む →

なぜ言語化することが重要なのか

社内の勉強会で「仕事において言語化することの大切さ」についての話を聞いてから、自分でもよく考えるようになった。 コーディングの参考にするためにGoogleの「Firebase」のサイトを観察したことがあるが、そのときに学んだことをきちんとメモしていたおかげで実際の案件で活かすことができた。そのときに「なんとなくどんな感じになって […]

続きを読む →

業務外で勉強時間を確保する私なりのコツ

エンジニアが業務外でも勉強するべきかどうかについて、以前ネットで話題になっていた。いろいろな意見があるとは思うが、私の場合は以下の2つの理由から個人的な勉強を続けていた。1. プログラムを書くのが楽しい2. Webは未経験で入社したため、もっとスキルを磨きたいしかし、ここ最近は家に帰った後にプログラムを書かなくなっていた。例えば […]

続きを読む →