Webディレクター、Webデザイナー、Webエンジニア絶賛募集中!ベテランでも未経験でも応募可能です。
記事カテゴリ
ABOUT

枌谷 力(そぎたに つとむ)
1972年11月7日生まれ。NTTデータでコンサル営業後、Webデザイナー/ディレクターに転身。2007年に独立し、2010年、下北沢に株式会社ベイジ設立。主にWebサイトのプロデュースとアートディレクション、デザインをやってます。Web制作のご相談は絶賛受け付けています。ご連絡は 東京のWeb制作会社ベイジ まで。

人気記事(総合)
アーカイブ
Web制作に関するご相談を受け付けています。

フォームでのご相談

無料相談フォーム

通常のお問い合わせであれば、
2営業日以内にご回答いたします。

お電話でのご相談

03-6407-8750

平日10:00~18:00まで
セールスのお電話はご遠慮ください。

Fireworks開発終了によって、デザイナーが取るべき3つの選択肢

0 0

Webデザイン, Web制作

Fireworksの開発終了がAdobeからアナウンスされました。このタイミングで来るとは思っていなかったのですが、開発終了になるということ自体は、それほど大きな驚きでもありませんでした。

実のところ、AdobeがMacromediaを買収した際に、機能的な重複が多いFireworksはPhotoshopに統合されなくなってしまうのでは?と思っていました。結果的にそうはならなかったですが、その後もCSシリーズとしてバージョンアップされるたびに、大きな機能変更もなく、むしろアプリケーションのベース部分を引きずったアップグレートが悪影響を及ぼしているところもあったため、今回の決断は、Adobeの製品ポートフォリオ戦略を考える上で妥当な選択ではないかな、とすぐに理解できました。

ただ、そういうAdobe側の思惑はさておき、我々制作者が気になるのは、Fireworksを愛用してきたユーザーはこの後どうすべきか、というところです。

うちの会社は、以下のような記事をアップしているように、社内のデザインツールはFireworksに完全統一している会社です。正直なところ、Fireworks LOVE!な会社です。

Photoshopユーザが今すぐFireworksに乗り換えるべき10の理由

かつてPhotoshopユーザーだった私からすると、Fireworksの作業効率の良さはPhotoshopを明らかに上回っています。(よく落ちるといわれていますが、Windows版を使っている限りでは、落ちるというのはほとんど経験したことがありません)

作業効率が良いということは、作業時間が短縮され、その分デザインを考える時間に割り当てられるということです。つまり、デザインの質を高く保つことができやすいデザインツールであると考えています。それ故に、今すぐの乗り換えは考えていません。

また、バグフィックスなどのアップデートはかけられる点、Fireworks自体はスタンドアロンのアプリケーションで、バージョンアップしなくても問題なく使える点などからも、早急なFireworksからの乗り換えは必要ないかな、と思っております。

ただ、3年~4年という長い目で見ると、業界的にもレイヤーを保持したPNGを扱うことがなくなってきたり、Adobeのサポートが完全終了したり、最新OSではFireworksは動かなくなったり、ということには間違いなくなるでしょう。それに備えて、今後どういった選択をすべきか、というのは少し考えておいたほうがいいのかもしれません。というわけで考えてみました。

選択肢1:Photoshopへの移行

現実的な選択肢はこれでしょう。そして、実は期待しているところでもあります。

AdobeがMacromediaを買収したときに、PhotoshopとFireworksが合体した究極の画像編集ツールができるのでは、と思っていたのですが、実際には双方がほぼ独自に進化していっただけに留まりました。それはやはり、PhotoshopとFireworksが製品として共存する以上、差別化しておかなければならない、という事情もあったように思います。

しかし、Fireworksの開発終了により、Photoshopは、Fireworksとの製品としての差別化を意識する必要はなくなりました。結果、Photoshopには、Fireworksの良いところがどんどん機能追加されて、さらに強力な画像編集ツールになってくれることが期待できます。

この方向で行くことの布石であるのなら、Fireworksの開発終了も、思い悩むような出来事ではないかもしれません。

選択肢2:Adobe以外のアプリケーションへの移行

もう一つの期待が、こちらの選択肢です。現在、Webのデザインツールの選択肢としては、事実上、PhotoshopとFireworksの二択であるかと思います(Illustratorもないわけではないと思いますが・・・)。実際にはそれ以外のツールも数々存在しているようですが、残念ながら一般化するには至っていません。

しかし、Fireworksが終了し、Photoshopが現在のように、Webのデザインをするにはやや非効率な仕様であり続けたときに、より軽量で、よりWeb(というかインターフェース)のデザインに特化した、第三のツールが出てくるのでは、という期待感があります。AdobeでFireworksを開発していたチームが抜けて新会社を設立してゼロベースでアプリケーションを開発する、みたいな動きも思わず期待してしまいます。

PhotoshopもFireworksも、一長一短あり、決してベストとはいえない部分もありますが、残念ながら、この二種類から選択しなければならないのが今の状況です。こういった状況が変わるきっかけになるのであれば、やはりFireworks終了も悪くはないな、と思います。

ただ、現在強力な対抗馬がまったく存在しない故に、これが実現するのは、少し後になるのだとは思います。

選択肢3:Fireworksを使い続ける

現在のFireworksユーザーには楽な半面、ある意味最悪の結末がこのパターンです。既に述べたように、Fireworks自体はスタンドアロンのアプリケーションなので、OSさえ対応していれば、わざわざ最新版に乗り換える必要はありません。つまり、使おうと思えば使い続けることができるのです。

しかし、メーカーが開発終了し、市場にはそれを越える代替製品が出てこないという状況は、やはり結果としては良いことには繋がらないでしょう。

Adobeさん、もしくは新規参入されるメーカーさんには、是非、Fireworksユーザーを唸らせる、Webを含むスクリーンメディアのインターフェースデザインに特化した、決定打といえる画像編集ツールを生み出してくれることを切に願うばかりです。

0 0