顧客要望の背景を知らずにプロジェクトを進めるべからず

ディレクターをやっていて、業務の多くを占めるのが顧客とのやりとりだ。顧客から届いた質問に答えたり、要望があれば、やるべきか否かの判断を下す。 しかし、その質問や要望に至った背景や意図を伝えてくれる顧客は正直少ない。 理由を察するに、以下のようなことが挙げられるのではないだろうか。 「伝える必要性を感じない」「伝えたいが文章にする […]

続きを読む →

なんとなく不安なのは受け身で仕事してるから

主体的に仕事ができているか否かの主観的なバロメーターとして、「なんとなく不安」というのがある。私の場合、受け身で仕事を続けていると、この「なんとなく不安」が高まっていく。 受け身とは言ってしまえば指示待ちの状態だ。一見楽に思えるが、それを続けていると自分で仕事量やスケジュールをコントロールできず、結果「なんとなく不安」が増加して […]

続きを読む →

急なタスク依頼が舞い込んだときの対処法

ほぼ未経験のディレクターとして2019年8月に入社してから1年が過ぎようとしている。 編集者としての経験があるため、入社直後はリニューアル案件のコピーライティングやリライトを中心に担当しつつ、小・中規模案件でディレクション経験を積んできた。 最近は大規模案件のディレクションも担当するようになり、それなりに忙しい日々を送っている。 […]

続きを読む →

入社半年を振り返ろうとしたら、会社への愛が爆発した件

2019年8月に入社してから半年が経過した。 初めての社外向け日報ということで、半年間での気づきや反省点について書こうと思い、実際に途中まで書いていた。しかし、元編集者の性なのか「本当に俺はこれが書きたいのか…?違うんじゃないか、なにかもっと別なことがあるんじゃないのか。なぁ…?」とリトル自分が問いかけてくるではないか。自問自答 […]

続きを読む →