未経験中途でベイジに入社した新米デザイナーが7ヶ月で悩んだこと・学んだこと

私がベイジに入社したのは、新型コロナウイルスが蔓延してちょうど1年経ったコロナ禍、真っ只中の2021年4月。 前職である飲食業界からまったくの畑違いであるウェブ制作会社のデザイナーになった私が、入社してからの7ヶ月間で悩んだこと、そして学んだことを書き留めたいと思う。 1.自分の意見を持つ デザイナーとして入社して1番のハードル […]

続きを読む →

クライアントからの「思ってたのと違う」にはどう対応すべきか?

どれだけ理屈が通っていても、どれだけいい戦略でも、クライアントワークは最終的に成果物の仕上がりで評価されることが多い。 とはいえ、それはプロセスを軽んじてもよいということではない。クライアントが納得できるものを作るためには、都度発生する議論でクライアントを正しく導けることが重要だ。すべての土台になる前提の認識にズレがあれば、双方 […]

続きを読む →

社員がよく聞く曲を集めて、最高のテレワーク用プレイリストを作る

普段この日報サイトで掲載している「仕事にまつわる話」以外で、ベイジ社員の人となりを伝えていく日報の第2弾です。(第1弾はこちら:テレワーク中の社員に聞いた、運動不足を解消する4つのコツ) ベイジでは現在も恒常的にテレワークが続いています。私もそうですが、仕事中のBGMとして音楽を流したり、休憩中のリフレッシュに好きな曲を聴いたり […]

続きを読む →

時短勤務の人から学ぶ、早く仕事を終わらせる方法

前職では制作部に女性スタッフが多く、子育てのため時短勤務になるケースが頻繁にあった。 出産前は21~22時までの残業が普通だった人が、必然的に17時退社を死守しないといけなくなる。そのため時短になる前となった後で、彼女たちの仕事のやり方は、周りから見ても大きく変わっていた。 限られた勤務時間でも絶対に仕事を終わらせるための方法は […]

続きを読む →

早く帰るために実践している3つの業務効率化手法

以前のベイジには、古い制作会社の仕事の仕方が残っており、終電ぎりぎりまで働くスタッフも多かった。 だが2014年頃に、「絶対にこれ以降の時間に仕事をしてはいけない」という時間制限を設け、それを23時、22時、21時とどんどん早めてきた。今はどんなに遅くても、21時までには仕事を終えないといけない。(ちなみに始業時間はフレックス制 […]

続きを読む →

ウェブサイトの写真選びは「ほんとにそれ要る?」から始めよう

ウェブサイトに写真を配置する時、「このページは文字ばかりだから写真を入れないと」「なんか寂しいからイメージを挿入したい」と無意識に考えていないだろうか。 デザイナーの私は先日、ウェブサイトに掲載する写真選び方についてレクチャーを受けた。その中で、写真を選ぶ時はどんな写真をどう配置するかだけではなく、そもそもの必要性から考えるとよ […]

続きを読む →

あなたのフィードバックが部下に響かないのは、タイミングが悪いから。

部下のマネジメントをするようになった人が、もっとも頭を悩ませるのは「フィードバックのやり方」ではないだろうか。 私はディレクターだが、社内におけるマネジメントも主な業務だ。前職での経験を合わせると、マネージャー歴は通算15年ほど。そんな私も、いまだにフィードバックするときは悩んでいる。 世の中にフィードバックの方法論はたくさんあ […]

続きを読む →

新人デザイナーこそ、スピードよりもクオリティにこだわるべき

わたしは今、新人デザイナー2人のメンターを担当している。2人とも実務未経験での入社なので、毎日細かく作業内容や進捗、アウトプットのクオリティ(質)をチェックしている。そんな中、毎日のように2人に対して口酸っぱく言っていることがある。 それは「スピードよりクオリティにこだわろう」というものだ。 クオリティとはたとえば、表現の幅や配 […]

続きを読む →

打ち合わせで「顧客の御用聞き」を回避する2つのヒント

ベイジにはお互いにフィードバックしあう文化がある。制作会社で行われているフィードバックと聞くと、一般的にはデザインなど成果物に対してのものを想像するかもしれない。しかしディレクターである私の場合、ミーティング中の話し方や顧客に対する対応でフィードバックをもらうことが多い。 先日参加した顧客とのミーティングでも、顧客から質問を受け […]

続きを読む →

カッコつけた言葉より、伝わる言葉を選ぼう

ベイジでは「Twitter道場」という取り組みを行っていて、参加者は週ごとに自分のツイートと反応を振り返り、それに対してお互いアドバイスを伝えあったりしている。 そこで先日、とある自分のツイートがわかりにくい、という話になった。文章のわかりにくさは、Twitterだけではなく、会社で日報を書くときなどにも感じていた課題である。 […]

続きを読む →