SNSでスクロールされないアイキャッチ画像の作り方

最近デザイナーとして、アイキャッチ画像※の制作を担当する機会が増えてきた。 ある程度制作経験を重ねると、アイキャッチ画像について勉強会を行ったり、人の制作物にフィードバックすることも多くなる。その都度、自分の業務について振り返ったり、制作プロセスを見直していたら、新たな発見や注意すべき点などが見えてきた。 今後の参考のためにも、 […]

続きを読む →

エンジニアブログを開設してわかった、成長過程のチームが情報発信に取り組むメリット

ベイジは7月から「baigie/engineer blog」(以降、エンジニアブログ)という技術情報発信メディアを立ち上げた。運営は完全にエンジニアチームのみで行っており、これまで大体週に1本のペースで記事を公開できている。運営体制はカッチリとは決めておらず、楽しみながらブログを書く習慣がみんなに定着することと、実務との両立が当 […]

続きを読む →

ウェブサイトはデザイン通りに実装してもらうことだけが正解ではない

ベイジでは、ウェブサイトをエンジニアが実装した後にデザイナーがチェックする。その際に、自分のデザイン通りに修正してもらうべきか、エンジニアの負荷を考慮して諦めるべきか悩むことが多い。 これを1on1で上司に相談したら、ウェブサイトのデザインと実装で意識すべき点についてのアドバイスがもらえたので、まとめようと思う。 ユーザーの視点 […]

続きを読む →

ウェブサイトのデザインチェックで忘れがちな3つの視点

ベイジでは社内でフィードバックを盛んに行う仕組みがある。デザイナーの私は、デザインのアウトプットに対してフィードバックをもらう機会が多い。その一環として「リードデザイナーチェック」というフローがある。ここでは、デザインがベイジが目指す品質を満たしているかをリードデザイナーまたは代表の枌谷さんにチェックしてもらう。 今回、私がメイ […]

続きを読む →

顧客の納得度を高める「共創型」コミュニケーションのすすめ

デザイナーとしてベイジに入社して1年。初めて担当した案件も終わりに差し掛かろうとしている。プロジェクト前は「顧客ミーティング」と聞くと、こちらが相手に説明する、という一方通行のイメージを持っていた。しかし、想いを汲み取ったり、理解を深めてもらうために伝え方を工夫したりと、コミュニケーションを重ねて相手と共に創っていくのが顧客ミー […]

続きを読む →

ライターやデザイナーも商談に同席してみるべき理由

ベイジでは顧客との商談をコンサルタントが担当しているが、希望すれば他職種のメンバーも参加できる。私はライターチームに所属しているが、BtoB企業のウェブサイト制作の初回商談に同席してみた。 ここで自分へのお土産として持ち帰りたかったことは2つある。問い合わせ時の顧客心理の把握と、見込み顧客からの話の引き出し方だ。 1. 問い合わ […]

続きを読む →

フォトグラファー任せの撮影から脱却するためにデザイナーがやるべきこと

デザイナーになって約1年、お客さまのウェブサイト用の撮影現場に初めて立ち合った。フォトグラファーさんと現場でお仕事をするなかで学びが多々あったので、いくつか紹介したい。 1.デザイナーがしっかり撮影の舵を取る 初めての撮影案件ということもあり、少しビビりながら打ち合わせに臨んでいた私は、「こんなテイストでやってみたいのですが、ど […]

続きを読む →

後輩のアウトプットを効率的にゴールまで導くデザインレビューのコツ

ベイジにデザイナーとして入社し、6年目となる。だんだんとチームメンバーが増え、他のメンバーの育成にも関わることが増えてきた。その仕事の1つに、他メンバーが制作したものにデザインレビューをする機会がある。 私自身、レビューをする中で、進め方やどこまで相手に伝えるべきかを悩んでいた。そんなときに、デザインマネージャーの田渕さんと1o […]

続きを読む →

テレワークで行きづまったときの気分転換法

ベイジ社員の日常を紹介する日報企画第4弾です! 第1弾:テレワーク中の社員に聞いた、運動不足を解消する4つのコツ第2弾:社員がよく聞く曲を集めて、最高のテレワーク用プレイリストを作る第3弾:ベイジ社員が最近買ってよかったもの 仕事をしていて集中力が続かなかったりアイデアが出なかったりすることは、誰もが経験するものではないでしょう […]

続きを読む →

ベイジに転職したら驚くほど働きやすくなった話

ベイジにエンジニアとして入社してから半年と少しがたった。 制作会社に勤めるのはベイジが初めてだ。 エンジニアとしてのキャリアが始まったのは前職の事業会社で、インハウスのエンジニア兼なんでも屋として一年半ほど働きつつ、個人でも制作の仕事を受注してきた。 ベイジ入社後は制作会社ならではの仕事の進め方に四苦八苦することもあったが、憧れ […]

続きを読む →