デザイナーにとって1on1の価値とは

デザイナー教育の一環として、ベイジでは定期的に1on1ミーティングを行っている。3ヶ月に1度くらいのペースで、以下の話題で上司とふりかえりを行う。 上長の気づき 現在の課題の棚卸し 課題に対しての次のアクション 今回初めての1on1ミーティングだったが、受けてみて気づきや学びが多かった。それらを改めてまとめてみようと思う。デザイ […]

続きを読む →

人前での説明に苦手意識を感じる2つの要因とは

社内のちょっとした確認、クライアントとの打ち合わせなど、どのような職種であっても人に何かを説明する場面が発生すると思う。その時に、よく相手にポカンという反応をされたり、よく分からないと言われたりと、説明することに苦手意識を持っている人はいないだろうか? 私自身もその一人であった。ベイジに入社したばかりの頃は、説明が分かりにくいと […]

続きを読む →

ストックフォトで写真を探す時の3つのポイント

ベイジではWebサイトに使用する写真は、プロのカメラマンに撮影をお願いしたり、クライアントから過去に撮影した写真をもらったりと、案件によってその入手方法も様々だ。私はまだ撮影案件には関わったことがないので、制作の時に使用する写真は専ら、クライアントに用意していただいた写真を使うか、ストックフォトサイトで探すかの2択である。 その […]

続きを読む →

ベイジ流未経験エンジニアの育て方

今年4月に新しいエンジニアの方が入社して約4ヶ月が過ぎた。新人の方は入社当時でHTML・CSS・JSの基礎知識はもっていたものの実務未経験だったので、他のエンジニアとも分担してベイジのコーディングを教えていった。今回はこの4ヶ月の進め方と振り返りをいくつかまとめたので、いまベイジを検討しているエンジニアの方やエンジニアの育て方で […]

続きを読む →

簡単に客観的な視点が持てるようになる1つの工夫

ベイジでよく話される普遍的なスキルの一つ「メタ認知」について改めて学ぶべく、会社にあった本を借りて読んでいた。日頃の業務の中で「ユーザーの視点に立てているか?」といった類の指摘をうけるのは、このメタ認知能力が低いことが影響していることが良く分かった。 また日頃のクライアントワークとは別に、私の場合は自社の組織における課題を見つけ […]

続きを読む →

未経験の新米エンジニアの3ヵ月目の振り返り

ベイジに入社して約三カ月が経過した。そこで、今回は自身の振り返りをかねて、ベイジのリアルな新入社員のタスクを紹介しようと思う。web業界といえば新卒にこだわる印象がなく、転職による中途採用などを経て、未経験で入社される方も少なくないと思う。私のように、未経験からベイジへ転職を考えるエンジニアの方にとって参考になればと思う。 ベイ […]

続きを読む →

前提条件にとらわれずアイデアを出す必要性

あるサイトリニューアルのワイヤーフレームについて社内でディスカッションした際に、改善前とのジャンプ率について話があがった。ジャンプ率と言うとデザインで強調したい要素とそうでない要素の違いを出すために意識することが多いが、webサイトや業務アプリの改善においても同様のことが言える。 既存のwebサイトや業務アプリケーションのリニュ […]

続きを読む →

キャッチコピーを出すときに学んだポイント

社内ではしばしばキャッチコピーをワークショップのような方法で検討することがある。今回、初めてその場に参加することがあったが、実りのある経験になった。 「端的かつ明確」なキャッチコピーはCMや電車内、街中など、生活に溶け込んでいる。故に無意識に見ていることが多いが、ふと気が付くと頭の中に残っているようなことは少なくない。しかし、い […]

続きを読む →

ベイジに入社して3か月の振り返り

ベイジに入社して3か月がたった。私はベイジに入社する前は、1年ほど事業会社のWebデザイナーとして働いていたのだが、事業会社と制作会社では仕事の進め方や内容がかなり違うということを、この3か月で実感している。初めのうちはわからないことだらけで業務に慣れるのに精いっぱいだったが、今はなんとか新しい環境にも慣れてきた。なので、このタ […]

続きを読む →

入社2年目で身につけたwebデザインの5つの習慣

ベイジに入社して、もうすぐで2年目が終わる。案件を重ねていく中で、トップページのデザインを作るときに、多くの失敗と学びがあった。その経験から、習慣化したことがいくつかあるので、まとめてみようと思う。 1. ラフを書いてから手を動かす ベイジでは、デザイナーがwebサイトの各画面のワイヤーフレームを作成する。その際、ディレクターと […]

続きを読む →