「ラバーダッキング」と人に教えることの意義

主にプログラマの間で使われる言葉だと思うが、「ラバーダッキング」という問題解決手法がある。ゴム製のアヒルのおもちゃに話しかけることで、頭の中で問題が整理されて解決を導く手法である。当然、ゴム製のアヒルのおもちゃである必要はなく、話しかける対象は何でもいい。ここで重要なのは、問題を口に出すことで頭が整理さて、新しいアイデアが生まれ […]

続きを読む →

私たちが日報を書いている4つの理由

社外の人と交流する際、「ベイジの日報」の話が出ることが多い。 日報というとその日の作業進捗を報告している会社も多いが、すぐに面と向かって話せる場所で働いている私たちに日々の進捗報告はあまり必要ではない。それよりも、その日感じたことを自由に書く日報を運用している。自由とはいえ、一つだけルールがある。それは「行動指針と照らし合わせて […]

続きを読む →

自社サイトを高速化するために行ったことと学び

ベイジのサイトは公開後もコンテンツ追加だけでなく、あまり目に触れない部分のUI改善やチューニングを行っている。先日も、読み込み速度の改善を行った。 まず、ページの読み込み速度を調査できるツールで確認した。すると、サーバからの応答時間に問題があった。そのため、読み込みが遅いページを対象に静的ファイルを生成し、サーバ側の処理を軽減す […]

続きを読む →

良いデザインには「関係性のデザイン」が不可欠

先日、とあるプロジェクトの打ち合わせに行った。設計資料、参考サイト、素材や原稿、スケジュールなど、確認事項が多かったため、想定では1時間を超えると考えていた。しかしながら実際には45分ほどで終了した。「打ち合わせはできるだけ1時間以内」を標榜している私たちとしては、理想的な時間に収まった。 そのお客様は、ベイジのサイトに書かれて […]

続きを読む →

技術書は新しい方が良いとは限らない

技術書を読む際、発売年が新しいものを優先的に読むことが多いが、新しい技術書にベストな内容が常に書かれているとは限らない。 インタラクティブなプログラミングを行う際の参考書籍として読んでいる『ActionScript 3.0 アニメーション』という本は、2007年発売の本であるが、アニメーションについて非常によく纏まっている。 現 […]

続きを読む →

分業で仕事をする上で気を付けたいこと

今のWeb制作は分業制である。Webサイトが完成するまでに、ビジネス戦略の策定があり、コンテンツの企画があり、情報設計があり、デザインがあり、フロントエンド実装があり、サーバサイドの開発があった後、公開されてユーザの目に触れる。しかしメンバーのほとんどは、その中の一部を担っているに過ぎない。 分業にはメリットとデメリットがある。 […]

続きを読む →

真のプロは、経験や感情に流されず、常にフェアである

自らの経験を基準に物事を判断し、行動するのは、人の基本である。私自分もデザイナーとして蓄積してきたノウハウを活かし、日々多くの判断を行っている。しかし、経験則での判断を多用するのは非常に危険だと感じることも多い。 例えば、Webサイトに訪問するユーザには、人それぞれの経験や価値観、常識、その時置かれている環境という特別な事情が必 […]

続きを読む →

誰のためのスキルアップ?

スキルアップとは、知識や技術を身に付け、自分のスキル(能力)を高めることである。これは自身の社会的な価値を高めることに繋がり、キャリアパスや待遇向上に有利に働くとされている。行動を自分の欲望とリンクさせることはモチベーションに繋がるため「自分のためのスキルアップ」という考えは否定されるものではない。しかしそれは副次的なことでもあ […]

続きを読む →

すべての人が情報発信をすべき理由

「ブログかSNSで何か発信すればいいのに」という話をすると「自分はまだそのレベルにないので…」という人がいる。その時は必ず「情報発信に必要なレベルとかないですよ」という話をする。こういう人には、情報発信はそれなりのレベルの人や経験豊富な人がするもの、という固定観念があるようだが、今はそんな時代ではない。 例えばAという分野につい […]

続きを読む →

習慣化すると仕事の質は上がる

ある対応の中で小さなミスに気付くことができた。ミスに気付かずに提出していたら、誰かに指摘され、仕事の精度を疑われていただろう。 入社1年目の頃にはよく見逃していたタイプのミスだ。しかし、最近はこの手のミスは減った。これは以前に比べると対応後に確認をする癖が身に付き、事前に修正しているからだと思う。 このような確認の習慣は、ある日 […]

続きを読む →