顧客ヒアリング時の良い質問の仕方とは?

先日とある新規のプロジェクトが始まり、キックオフ兼ヒアリングのミーティングを実施した。その際、ヒアリングについていくつかフィードバックを貰う機会があった。今回はその内容を整理してみる。 質問の意図を伝える 具体例を示す 聞くだけではなく提案する 質問の意図を伝える 相手からすると、なぜ聞かれているのか分からなければ、不安感、不信 […]

続きを読む →

指示待ちにつながる「誰かが正解を持っている」という思考

御用聞き、指示待ちなど受動的な働き方をする原因のひとつに、”自分以外の誰かが正解を持っている”という思考があるような気がする。 我々のようなweb制作など請負事業において、顧客の御用聞きとなってしまうのは、顧客が正解を持っているという短絡的な思考に陥っている可能性がある。その発想は誤りだろう。 実際にお客 […]

続きを読む →

クロージングミーティングの失敗談から考える仕事改善の3つのポイント

ベイジではプロジェクトが終了するとクロージングミーティングを実施する。これはプロジェクトで発生した問題点や課題に対して、改善策を検討するためのミーティングである。2019年後半にはプロジェクト終了が立て続けにあり、クロージングミーティングを連続して実施する場面があった。しかし、その時のクロージングミーティングが上手く機能しなかっ […]

続きを読む →

web制作を進める上で注意すべき
「思考停止の確認作業」とは?

web制作において、「前工程の指示通りに制作されているか」という確認は適切ではないように思う。 一般的な確認作業では、正解通りにできているかを見る。しかし正解がないweb制作では、ユーザーにとって適切なのか?、を公開間際まで考え続けるべきだ。 例えば、原稿素材を反映してページを作成する。デザイナーやエンジニアはその原稿に沿ってに […]

続きを読む →

人前での説明に苦手意識を感じる2つの要因とは

社内のちょっとした確認、クライアントとの打ち合わせなど、どのような職種であっても人に何かを説明する場面が発生すると思う。その時に、よく相手にポカンという反応をされたり、よく分からないと言われたりと、説明することに苦手意識を持っている人はいないだろうか? 私自身もその一人であった。ベイジに入社したばかりの頃は、説明が分かりにくいと […]

続きを読む →

クライアントワークで得られる2つの恩恵

ベイジのプロジェクトは、戦略フェーズ→制作と進んでいく。戦略フェーズでは、ペルソナ、ジャーニー、ユーザーテストなどの定性的なリサーチ、定量的なログ解析、競合分析、ビジネス整理などをして、web戦略と戦術を検討する。 この戦略フェーズのMTGでは、ベイジが一方的に提案するのではなく、調査・提案内容を元にクライアントと議論することに […]

続きを読む →

「PV数が少ないからそのページは削除」でも良いのか?

「閲覧数が少なかったので、そのページは削除した」や「そのページあまり閲覧されていないのでいらないのでは?」という話を耳にすることがある。閲覧されていないからページを削除するのは、そのコンテンツの情報のニーズが少ないという考えからだろう。しかし、その判断は早計なことが多いようにも感じる。ページに掲載してある情報にニーズがないのでは […]

続きを読む →

webサイトのリサーチで使い分けるべき2つの視点

ログ解析などリサーチの結果から改善アイディアを考える場合は、調査の目的によって視点を変えるべきである。調査の目的とは主に改善施策の効果検証とフルリニューアルの事前調査の2つが考えられる。 改善施策の効果検証を目的とした調査では、現状のサイトありきで改善アイディアを考えるのが自然だろう。注意が必要なのは、フルリニューアルの事前調査 […]

続きを読む →

Googleアナリティクスから考える、適切にツールを使うこととは?

ベイジに入社する以前はGoogleアナリティクスを使うといっても、特にセグメントで条件設定もせずに、デフォルトでナビゲーション並ぶにディメンションを見る程度であり、本当に言葉通り見るだけであった。 ベイジに入社してからは日常的にログ解析を行っている。現在は目的の調査を効率的に行うため、また顧客への報告の際に余計な指標が表示されな […]

続きを読む →

BtoB製品サイトで導入形態コンテンツはどのカテゴリに属するのが適切なのか?

BtoB製品において、クラウド版とパッケージ版の両形態で提供している製品・サービスは多いだろう。 現在、BtoB製品サイト改修プロジェクトのサイトストラクチャを検討している最中だが、先に挙げた導入形態に関連するコンテンツの設置カテゴリに悩んでいる。例えばクラウドの特長、オンプレミスの特長などのコンテンツである。これらのコンテンツ […]

続きを読む →