フロントエンドエンジニアはWordPressまで実装すべき

私は今年の最初の方の日報で「フロントエンドエンジニアはモックからWordPressまで一貫して実装できた方がよい」と書いた(「エンジニアがモックからWordPress実装まで一貫して行うことの必要性」)。以前まではWordPress(以下、WP)実装の一部しか担当していなかったが、最近のプロジェクトでモック作成からWP実装まで全 […]

続きを読む →

コーディングの「汎用性の高さ」は誰のためのものなのか?

他人のコードはあくまで他人のもの 入社時からHTMLとCSSをコーディングする際は「汎用性高く作るべき」と教わり、認識と命名ルールの統一・再利用しやすい構造・細分化など汎用性を意識してコーディングしてきた。こうすることで別のエンジニアが作ったパーツも自分のもののように扱え、コーディングが楽になると考えていた。しかし、意識しようが […]

続きを読む →

開発と運用のパフォーマンスを向上させるための「JSは最低限」ルール

私はwebサイトをコーディングする上で「JSは最低限」という自分ルールを作って、守るようにしている。 「JSは最低限」とは? 例えば、「フェードイン」で要素を表示するとき、実装方法として以下の手段が考えられる。 .visibleというクラスをJSで付与することでopacity: 1に切り替えて表示する。アニメーションはtrans […]

続きを読む →

100ページ規模のサイトの高速化にService Workerは有効か?

私が関わるとあるプロジェクトで、ページの読み込みを高速化させるためService Workerを導入した。Service Workerとは、PWA(Progressive Web Apps)などブラウザで動作するWebアプリで使用される技術だが、今回はこの技術の一部である「オフラインキャッシュ」を使用して高速化を図った。省略して […]

続きを読む →

エンジニアがモックからWordPress実装まで一貫して行うことの必要性

あるプロジェクトをモックのコーディングとそれのWordPress化を分担して進めている。その中で一度はWordPress化しているが、デザインなどの修正が入り、モックの方が最新になってしまったページをWordPressに再度反映する作業を一部担当した。 すでにWordPress化されたページの最適化なので特段難しい作業というわけ […]

続きを読む →

効率的な品質チェックに欠かせない2つの方針

私はエンジニアだが、業務内容には全般的な品質チェックも含まれる。中でもwebサイトのブラウザチェック(画面表示チェック)や、表記統一のチェックを同僚と一緒に進める際に、効率の良い分担の仕方を意識するようになった。 スピーディーに効率良く作業を進めるためには以下の2つの方針を実践する必要がある。 タスクを性質で分解して整理する 作 […]

続きを読む →

効率良いフロントエンド実装をするために新卒の私が気を付けていること

どの案件でも共通するが、どういう順番でコーディングを進めていくかは、スピードに大きく影響する重要なことだと思う。 フロントエンドが行うコーディングでいえば HTMLを組む PC版のCSSを書く SP版のCSSを書く PSDから画像を書き出す JavaScriptを実装する これらが主な作業だ。この順番を案件ごとに変え、どの流れが […]

続きを読む →

Webの仕事をしてる私がホテルマンから学んだこと

プライベートな時間でプロフェッショナルを感じるのは、旅行先で高級なホテルに宿泊した時だ。 最近では、飲食店にしてもガソリンスタンドにしても、専らセルフサービスが主流になっている。無論、価格を安くするためにサービスを削っているわけで、対価はそれ同等のものしか返ってこない。こういった生活に慣れていると、ちょっと奮発して良いホテルに宿 […]

続きを読む →

新入社員の私が1年前の自分と比較して変わったところ

この1年で生活環境がガラッと変わり、1年前の自分と比較すると変化したことばかりでとても書ききれない。そんな状況だが、強いて言うならば「時間の使い方」と時間に対する「意識」が一番変わったと感じている。 ちょうど1年前というと、まだ就職活動中でベイジの内定も決まっていなかった。就活中とはいえど、学業の方は単位はほぼ取り切っていたし、 […]

続きを読む →