エンジニアとデザイナーでおこなうペアプログラミングの良さ

エンジニア界隈では実務をこなしながらチームを育てる手法としてペアプログラミングというものがあるが、この手法はエンジニアとデザイナーが協業する際にも取り入れる価値があるのではないかと思う。 内容としては、1人が実装しながら常に何を考えているか発話するドライバーを担当し、もう1人はナビゲーターとなって実装者に対しリアルタイムでレビュ […]

続きを読む →

エンジニアとして既存のプラグインに頼るべきか

私はエンジニアとして、既存のライブラリやプラグインの使用は最低限に留めたいという考えがある。ここでいう最低限に含まれるものは、jQueryやReact.jsなど、実装の基盤となるようなライブラリや、細かなモーション調整に使うTweenMaxのようなアニメーションライブラリだ。 私は個人でも受託制作の仕事をすることがあるが、実務経 […]

続きを読む →

よりよいものを作るためにも人に相談するべき

業務で分からないことがあり、人に質問するのは当然だが、もっとよいアイデアがありそう、と考えアドバイスを乞うことも大切だ。なぜなら自分がその分野のすべてを知っているわけではなく、他の人しか知らない知識もあり、その知識を借りることでさらによいアイデアが見つかるかもしれないからだ。 今日、プログラミングでつまずくところがあり、解決策を […]

続きを読む →

スノーボードに学ぶ成長のコツ

先日、自身にとっては人生で2回目のスノーボードをしてきた。 前回はボードの上に立つことから始め、木の葉滑りという、常に山頂に背を向けた状態で、左右にたゆたゆと揺れながら滑る方法をマスターするにとどまっていたので、今回は新たな技を覚えることを目標にしていた。 初日は感覚を取り戻すところからだったので、1日かけても木の葉で転ぶ回数が […]

続きを読む →

業務外の学びから得られた成功体験

修正したはずの内容がブラウザに反映されていない。クライアントとわれわれのブラウザで表示されている内容が異なる。この現象はブラウザのキャッシュ(cache)によって発生し、クライアントとのコミュニケーション時に問題になることが度々ある。 これを回避するには、app.css?ver=1.0.1のようにパラメーターを付与し、作業する度 […]

続きを読む →

社内発表をするときに私が気を付けている3つのポイント

仕事をしていると情報のインプットは自身の専門領域に偏りがちだ。そこでベイジでは最近、毎週月曜日の週間ミーティングの進め方を変更した。各回で発表者を1人決めて、専門領域や興味分野の情報を15分で共有するようにした。 先日の自分の担当回では、PWA(Progressive Web Apps/webサイトをアプリのように軽量・高速に利 […]

続きを読む →

ユーザー目線と技術者目線でお客様の反応がまるで違った話

先日、某プロジェクトの打ち合わせに開発担当者として同行し、お客様と対話する機会があった。その中で挙げられたとある機能的な要望に対して、自分は真っ先に「実装の難易度が高いので難しいかもしれない…」と回答した。しかしこれは、ユーザー目線でない技術者の目線が先だった発言だったと振り返っている。 その会話の中で、同行していた先輩たちが「 […]

続きを読む →

緊急性の低いスキルを学習するメリットとは

プライベートでの学習において、ベストな学習ができているか、常に課題意識がある。プライベートで学習するスキルを大別すると、大きく以下の3つがある。 業務で今必要なスキル 業務と関係ないが好きで身に付けたいスキル 業務で今後必要になるかもしれないスキル この順番は、学習の意欲の高さである。1は、緊急性が高いため、当然必死になって学習 […]

続きを読む →

私がやっている疲労感を充実感に変える2つの思考

年末で納期が迫っている案件があり、最近は遅くまで残ることも多い。それでも以前より疲労感を覚えることが減っている。翌朝起きても疲れていることも少なくなった。 意識的に生活リズムを整えていることもあるが、その他にも思いつく理由が2つある。 1つ目は、以前よりも主体的に結論を出し、自信をもって行動するようになったから。これまでは「~し […]

続きを読む →

web制作でユーザー目線を持つために必要な習慣

ユーザーにとって何が重要かを知るには、自身がユーザーとなって体験することが重要だ。 例えば、某うどん専門店ではレシートにQRコードがついており、それを読み取ることで無料券や割引券を入手することができる。ユーザーがこの特典を期待していることを理解している従業員と、理解していない従業員では対応がまるで変わってくるだろう。 理解してい […]

続きを読む →