相手に伝わりやすいフィードバックに必要な3つのポイント

ここ最近、新人デザイナーさんへフィードバックする機会が増えているのだが、自分自身に対する気づきや学びが多くあるなと感じる。 共同レビューで他のデザイナーさんのデザインに意見を言うことはあったが、1対1でフィードバックするのは初めての経験で、自分のデザインへの矛盾や不足に気がつきやすくなった。 例えば以前に、「ポップアップの表示位 […]

続きを読む →

入社4ヶ月の新人エンジニアが考える、意見を言いやすい環境に必要なこと

入社直後から思っていたが、ベイジの人たちは仕事上のコミュニケーションが上手で一緒に働きやすい。 先日参加したエンジニアチームのミーティングも発言しやすい雰囲気で、意見を言えば周りがきちんと拾ってくれるのでとても嬉しかった。 こういったコミュニケーションのしやすさ、会話への参加しやすさが実現しているのは、 結論を先に伝える 人の文 […]

続きを読む →

適度な焦りは成長の推進力になる

先日、先輩ディレクターにインプット・アウトプット両方の悩みを聴いてもらった。 インプットの悩みはSNSでの情報収集で混乱が起きていたこと。 ベイジに入社してから情報収集用にSNSのアカウントを作成した。自分はライターなので、同じ肩書きを名乗る人をたくさんフォローしているのだが、発信内容が人によって様々で、タイムラインが何でもあり […]

続きを読む →

最近、仕事と関係のない本を読むのが楽しくなってきた

大人の教養に目覚めたのか、仕事に直接関係のない本をよく読むようになった。最近読んだのは、哲学や世界史がテーマの本やジェンダー関連の本など。 そのような本を学生時代には、まったく読んでいなかった。視野が狭かったのだろう、物事を断片的にしか捉えられず、「それを学んで何になるのか?」くらいにしか思えなかった。 しかし、大人になった今は […]

続きを読む →

web技術を理解するために、自分でwebサイトを作ろう

webサイト制作に携わる全員がHTMLやサーバーについて完全に理解する必要はないが、知っている方がもちろん有利だ。 ただ、未経験でデザイナーやディレクターになる場合、深く取り組む機会がないままキャリアを重ねてしまうことはあると思う。 web技術に関する知識がないことの一番のデメリットは、自信を持って自分の意見を言えなくなることだ […]

続きを読む →

チームのために小さなことから始めよう

先日、リードデザイナーとの1on1の中で「どうすればもっと作業を効率化できるか?」という話になった。 これまでもデザイナーの作業効率化の話は、何度も議題に上がっており、それぞれが制作の中で悩んで解決してきた事柄を共有する、いわゆる「ナレッジシェア」ができればいいよね、という話にもなった。 でも、今の時点ではまだ完全には実現してい […]

続きを読む →

新卒リモートワーカーのベイジ初ライターが振り返るこの3ヶ月

今年の春は多くの新卒が予期せずリモートワークになったんじゃないかと思う。私もそのうちの1人で、リモートワークに移行済みのベイジに入社し、新設のライター部署第1号の社員として3ヶ月を過ごした。 ここだけ読むと自分でも「新卒リモートワーカーが自分ひとりだけの新部署ってヤバそう」と思うが、堅実に働けている感覚が実感としてはあるので、こ […]

続きを読む →

久しぶりに会った先輩にすまないことをした

先日、帰宅途中に前々職の先輩と偶然出会い、その夜にGoogleハングアウトで話すことになった。 普通なら数分談笑して終わりになるところだが、こんな展開になるのがオンライン時代の良いところである。 一緒に働いていた当時、先輩の職能はエンジニアだったが、大学時代に心理学を専攻していたこともあり、今はチーム作りを任されているらしい。 […]

続きを読む →

急なタスク依頼が舞い込んだときの対処法

ほぼ未経験のディレクターとして2019年8月に入社してから1年が過ぎようとしている。 編集者としての経験があるため、入社直後はリニューアル案件のコピーライティングやリライトを中心に担当しつつ、小・中規模案件でディレクション経験を積んできた。 最近は大規模案件のディレクションも担当するようになり、それなりに忙しい日々を送っている。 […]

続きを読む →

ベイジ初の外国籍エンジニアがずっとリモートでもうまくやれてる理由

未経験のWEBエンジニアとしてベイジに入社してから3カ月を迎える。 私は韓国の生まれで、2013年にワーキングホリデーで日本に来日した。その後、日本のデザイン専門学校を卒業し、ウェブデザイナーとして働いていたが、エンジニアとしての専門性を身につけたくてベイジへと入社した。 入社する前からベイジのブログや日報、スタッフのSNSを見 […]

続きを読む →