フォントのチラつき解消法

エンジニアなら、開発中のウェブサイトでロード時にWebフォントが適用されるまでに一瞬タイムラグがあるという現象に遭遇したことは一度くらいあるのではないだろうか。俗に言う「フォントのチラつき」問題だ。NotoSansJPなど重い日本語フォントを指定したときに発生しがちだ。 今回、私が遭遇したのはあるプロジェクトでYaku Han […]

続きを読む →

自分らしく行える学習方法とは

私は書籍など、気になったらまとめ買いするタイプだったのだが、思いのほか継続的に読めないことに気がつき、やめるようにした。理由は単純で、たくさんあったところで一度に読めないし関心も薄くなるからだ。しかもそのような場合はだいたい三日坊主で終わる。その上自分に嫌気がさして「なにやってんだろう…」と悪循環に陥る。これでは埒が明かないので […]

続きを読む →

オフィスでルーロー飯を食べる方法

お昼ごはんに「ルーロー飯の素」を買った。これは 「Cook Do」や「うちのごはん」 シリーズのように、自分で用意した具材と付属の調味料を調理するタイプのもので、ひき肉と炒めるだけでルーロー飯が完成する。しかし、オフィスで生肉を調理することはできないため、ひき肉の代わりに「肉もどき(ソイミート)」を使うことにした。 ところが下北 […]

続きを読む →

ペアプロで実装を助けてもらった話

ある案件で、下層ページの展開を進めていた時のことである。 少し複雑なレイアウトがあり、CSSでどのように再現するのが良いか判断が難しく、先輩エンジニアの方に質問したところ、ペアプログラミングで完成させることとなった。 ペアプログラミングは、1台のパソコンで2人のエンジニアが共同で開発を行う手法であり、1人がコードを記述していくド […]

続きを読む →

複業という働き方について

今年の6月から勤務日数を減らし、3日をベイジ、1~2日を事業会社、その他の時間をフリーランスとして働いている。いずれも業務の内容としては、web制作に関わる内容で、ベイジとフリーランスは実装のみ、事業会社はデザインから実装までを担っている。 複業という働き方だが、最初から考えていたわけではない。私はベイジに新卒として入社したため […]

続きを読む →

デザイナーにとって1on1の価値とは

デザイナー教育の一環として、ベイジでは定期的に1on1ミーティングを行っている。3ヶ月に1度くらいのペースで、以下の話題で上司とふりかえりを行う。 上長の気づき 現在の課題の棚卸し 課題に対しての次のアクション 今回初めての1on1ミーティングだったが、受けてみて気づきや学びが多かった。それらを改めてまとめてみようと思う。デザイ […]

続きを読む →

人前での説明に苦手意識を感じる2つの要因とは

社内のちょっとした確認、クライアントとの打ち合わせなど、どのような職種であっても人に何かを説明する場面が発生すると思う。その時に、よく相手にポカンという反応をされたり、よく分からないと言われたりと、説明することに苦手意識を持っている人はいないだろうか? 私自身もその一人であった。ベイジに入社したばかりの頃は、説明が分かりにくいと […]

続きを読む →

ストックフォトで写真を探す時の3つのポイント

ベイジではWebサイトに使用する写真は、プロのカメラマンに撮影をお願いしたり、クライアントから過去に撮影した写真をもらったりと、案件によってその入手方法も様々だ。私はまだ撮影案件には関わったことがないので、制作の時に使用する写真は専ら、クライアントに用意していただいた写真を使うか、ストックフォトサイトで探すかの2択である。 その […]

続きを読む →

ベイジ流未経験エンジニアの育て方

今年4月に新しいエンジニアの方が入社して約4ヶ月が過ぎた。新人の方は入社当時でHTML・CSS・JSの基礎知識はもっていたものの実務未経験だったので、他のエンジニアとも分担してベイジのコーディングを教えていった。今回はこの4ヶ月の進め方と振り返りをいくつかまとめたので、いまベイジを検討しているエンジニアの方やエンジニアの育て方で […]

続きを読む →

簡単に客観的な視点が持てるようになる1つの工夫

ベイジでよく話される普遍的なスキルの一つ「メタ認知」について改めて学ぶべく、会社にあった本を借りて読んでいた。日頃の業務の中で「ユーザーの視点に立てているか?」といった類の指摘をうけるのは、このメタ認知能力が低いことが影響していることが良く分かった。 また日頃のクライアントワークとは別に、私の場合は自社の組織における課題を見つけ […]

続きを読む →