作業ミスを減らすための取り組みと工夫の大切さ

定期的に開催されているエンジニアミーティングで「ミスを発生させないため、各エンジニアが普段からやっている手法やツールを紹介する」というテーマで話し合いが行われた。”ミス”が前提の話なので、本能的に割と避けたくなるようなセンシティブな内容だが、こうしたテーマで話し合うことはとても重要だと感じる。 メンバー各 […]

続きを読む →

「いいコード」を書くためにできること

GitHub の Explore におもしろそうなリポジトリが出ていた。コードが短く、ざっと読んで全体を把握できたので JavaScript で書かれていたものを勉強がてら TypeScript で書き直してみた。最初は単純に型をつけていただけだったが、ひとつの変数に数値と真偽値を代入している箇所の処理に悩んだ。 その変数は A […]

続きを読む →

よりよいものを作るためにも人に相談するべき

業務で分からないことがあり、人に質問するのは当然だが、もっとよいアイデアがありそう、と考えアドバイスを乞うことも大切だ。なぜなら自分がその分野のすべてを知っているわけではなく、他の人しか知らない知識もあり、その知識を借りることでさらによいアイデアが見つかるかもしれないからだ。 今日、プログラミングでつまずくところがあり、解決策を […]

続きを読む →

一年間コードレビューを続けて得られたこと

ベースコーディングが完了したタイミングで、開発者とは別の第三者によるコードレビューを実施している。ベースコーディング完了後という開発序盤でレビューを実施しているのは「リスクを早い段階で検知し、影響を最小限にする」という理由からである。 コーディング内容の正否以外に、どのようなポイントでチェックしているかというと、 社内のコーディ […]

続きを読む →

実践で学んだモーションコーディング5つの要点

仕事でいくつかの種類のモーション(動き/アニメーション)が必要なサイトのコーディングを担当した。デザイナーからも指示とフィードバックをもらいつつ、実装を進めながら自分なりに学んだ原則がいくつかあった。 モーションを作るときに心がけたいコツ、押さえておきたい考え方のポイントのようなものだ。以下の5つにまとめてみた。 1. 動きや演 […]

続きを読む →

開発と運用のパフォーマンスを向上させるための「JSは最低限」ルール

私はwebサイトをコーディングする上で「JSは最低限」という自分ルールを作って、守るようにしている。 「JSは最低限」とは? 例えば、「フェードイン」で要素を表示するとき、実装方法として以下の手段が考えられる。 .visibleというクラスをJSで付与することでopacity: 1に切り替えて表示する。アニメーションはtrans […]

続きを読む →

web制作会社がBtoB企業のセミナーに参加するメリット

先日、クライアントが定期的に開催している、リード向けのセミナーに参加した。BtoB企業にとって、セミナーはリードナーチャリングの重要な取り組みのひとつとなっている。BtoB企業のマーケティングを支援できるwebサイトを提供したい我々としては、このようなセミナーに出席して、その実態をつかむのも大事なフィールドリサーチと位置付けてい […]

続きを読む →

経験が浅いデザイナーが仕事に自信を持つために教わった2つのこと

昨年末の話になるが、今年1年の振り返り面談を行った。入社して3ヶ月ほどが経った中で、良かった点や自分の課題に対してフィードバックをいただいた。自分の中で一番の課題として「仕事に対して自信がない」というものがある。これに対して2つのアドバイスをいただいた。 業務に直結するトレーニングを積み、仕事での成功体験を得ること 今までのわた […]

続きを読む →

複雑化する開発環境から考える「真に必要とされるもの」とは

複雑化している今のフロントエンドの開発環境について、少しだけ考えさせられるできごとがあった。とある案件で、webサービスの運用とシステム開発を顧客側が担当し、私たちはデザインとフロントエンド実装の領域を手がける形で協業している。 弊社ではコーディングにCSSプリプロセッサ言語のSass、HTMLテンプレートエンジンのPugなどを […]

続きを読む →

スノーボードに学ぶ成長のコツ

先日、自身にとっては人生で2回目のスノーボードをしてきた。 前回はボードの上に立つことから始め、木の葉滑りという、常に山頂に背を向けた状態で、左右にたゆたゆと揺れながら滑る方法をマスターするにとどまっていたので、今回は新たな技を覚えることを目標にしていた。 初日は感覚を取り戻すところからだったので、1日かけても木の葉で転ぶ回数が […]

続きを読む →