プロジェクトの遅延やトラブルを未然に防ぐミーティング方法

ベイジでは、進行しているプロジェクトの進捗状況を確認するために、毎週金曜日に30分程度のプロジェクトミーティングを実施している。各プロジェクトの進捗状況を共有すると同時に懸念事項がないかも確認しているので、スケジュールに無理が生じていればすぐに調整する場として機能している。 しかし、ここ1~2年は社員数の増加もあり、いくつか課題 […]

続きを読む →

相手の負担を軽くするメール送信時のポイント

ディレクターである自分は、日常的に多くのメールをプロジェクト関係者とやり取りしている。最近のプロジェクトでは、メール以外に各種チャットツールを利用する頻度も増えており、テキストコミュニケーションの重要性が以前にも増して高まっている。 誰しも忙しい仕事の合間に、メールを読むこと自体が楽しいという人はいないのではないか。しかし、気が […]

続きを読む →

プロジェクトのトラブルを減らすために注意したいこと

ベイジでは、プロジェクトの開始から終了までには約5~6ヶ月以上かかることも多い。ディレクターである自分はプロジェクトの全体を通して深く関与して推進していく立場だが、トラブルなく進めるために注意しておくべきポイントが幾つかある。 過去のプロジェクトを振り返ると、当初の予定通りに進行して完了するようなプロジェクトもあるが、途中で仕様 […]

続きを読む →

前提条件にとらわれずアイデアを出す必要性

あるサイトリニューアルのワイヤーフレームについて社内でディスカッションした際に、改善前とのジャンプ率について話があがった。ジャンプ率と言うとデザインで強調したい要素とそうでない要素の違いを出すために意識することが多いが、webサイトや業務アプリの改善においても同様のことが言える。 既存のwebサイトや業務アプリケーションのリニュ […]

続きを読む →

webコピーライティングで注意すべき事前準備

webサイトをコンテンツとして成立させるには、テキストや写真、図版といった要素が必要になるが、ベイジではコピーをクライアントに用意してもらう場合と、社内で作成する場合の2つのケースがある。 クライアントにコピーを用意してもらう場合であっても、webサイト用の最終調整は社内で行っているが、あらかじめ注意点を明確に伝えておくことで、 […]

続きを読む →

プロジェクトの進行をスムーズにするキックオフミーティングの重要性

ベイジでは、プロジェクトが正式に始まるタイミングで、顧客とキックオフミーティングを実施している。ここでは、プロジェクトにおける前提条件などの共有を目的としているが、このミーティングの精度により、以降のプロジェクトにおける進めやすさに影響が出る重要なミーティングだと位置づけている。 過去のプロジェクトを振り返ると、キックオフミーテ […]

続きを読む →

web制作会社がBtoB企業のセミナーに参加するメリット

先日、クライアントが定期的に開催している、リード向けのセミナーに参加した。BtoB企業にとって、セミナーはリードナーチャリングの重要な取り組みのひとつとなっている。BtoB企業のマーケティングを支援できるwebサイトを提供したい我々としては、このようなセミナーに出席して、その実態をつかむのも大事なフィールドリサーチと位置付けてい […]

続きを読む →

大学生と採用サイトのユーザーテストをした結果

制作を進めているBtoB企業の採用サイトで簡易的なユーザーテストを実施した。被験者は、ベイジにインターンで来てくれている大学3年生で、新卒向けの採用サイトのターゲットとしては社内で一番ユーザーに近かったこともあり、学生ならではの現実的かつ意外性のある結果となった。 ユーザーテストを実施する目的 ベイジでは、プロジェクトの特性によ […]

続きを読む →

気が利く人が会話中にやっていること

ベイジの行動指針の中には、以下のような項目がある。  プロフェッショナルは、気が利く気が利くとは、他人の責任範囲にも関心を示しサポートすることである。頑なに自分の責任範囲しか実行しないのは気が利かない人間のすることだ。 この行動指針にあるように、プロフェッショナルとは自分のことだけではなく、他人にも興味や関心を持つことができる人 […]

続きを読む →

オブジェクトベースでUI設計をするメリット

先日の社内勉強会では、「オブジェクト指向のUIデザイン」について共有があった。このテーマは、ディレクターやデザイナー、エンジニアと職種を問わず関係してくるものだ。 オブジェクト指向のUIデザインとは UI設計には大きく分けて「オブジェクトベース」と「タスクベース」の2通りの考え方があり、前者は対象物(オブジェクト)を優先的に選択 […]

続きを読む →