「クライアントに意見をきかない」という仕事の仕方

長田 太彪のプロフィール画像
エンジニア 長田 太彪

339 view

本日の週間MTGのテーマは、3月に新卒入社したメンバーから先輩方への質問会だった。私も幾つか質問させていただいた。

特に印象深かったのは、コンテンツ案やデザイン案などの元となるアイデアは、先方にヒアリングした内容から考えるのではなく、ベイジ側で勝手に考えてアイデアをまとめてしまう、ということだった。クライアントからの情報が十分になくても別に構わない、ということも印象的だった。

私自身は学生の頃、アルバイトとしてクライアントワークに関わっていたが、その際は、ギャラリーサイトから参考になるサイトをクライアントに選んでいただき、その参考サイトとヒアリングで得た情報を元に、ワイヤーを作成、そしてデザインという流れがほとんどだった。

この流れだと、クライアントからデザインに対する反対意見が生まれ難く、進めやすいと思っていた。ただ、ユーザーのためのサイトに仕上がっているかというと、必ずしもそうではなかったかもしれない。どちらかといえば、ユーザ不在のままクライアントのため(だけ)に制作していたようにも感じる。クライアントの認識が間違ってても、そのまま作ってしまうような制作フローだったとも思う。

そうではなく、提案する方であるべきユーザ像を決めて、戦略からデザインまで一気通貫して提示するからこそ、イニシアチブを握り、クライアントの意見に左右されず、ユーザーを中心に考えたサイトに仕上がるのではないかと思う。

今まで自分が経験したこととは異なる考えの制作フローを知り、とても有意義な時間になった。

関連する日報

    私たちは皆、信頼のストックビジネスをしている

    918 view

    枌谷 力のプロフィール画像
    枌谷 力 代表取締役
    フリー素材のアイコン・イラストを流用する時のコツ

    481 view

    岡本 早樹のプロフィール画像
    岡本 早樹 デザイナー
    会議中の「気まずい沈黙」回避法

    12,597 view

    真鍋 知優のプロフィール画像
    真鍋 知優 ライター
    「フルリモートOK」を続ける会社の実態

    66,558 view

    西岡 紀子のプロフィール画像
    西岡 紀子 ライター
    経験やスキルがなくても、デザインのフィードバックはできる

    1,778 view

    原浦 智佳のプロフィール画像
    原浦 智佳 デザイナー
上に戻る