社内フィードバックをディスカッション形式にするメリット

先日、とあるクライアントにワイヤーフレームの提案を行ったときの話。 これまでにもいくつかの案件で提案をする機会があったが、以前は単純に成果物の説明をするだけに終始してしまい、成果物をベースとした議論にはあまり参加できていないと感じていた。しかし今回の提案では、これまでと比較してみても積極的に議論に参加できた実感があった。 では、 […]

続きを読む →

相手に負担をかけないコミュニケーションの工夫

案件を複数進めていく中で、タスクを切り分けて依頼したり、案件ごとに関係者と認識合わせをする時間が増えた。これらを行う中で、自分が気の利かないコミュニケーションを取っていたと改めて認識した。今回は先輩や上司からのアドバイス、自分自身の反省もふまえて相手に負担をかけないコミュニケーションの工夫を考えたい。 タスクを依頼する場合 注意 […]

続きを読む →

デザイナーにとって1on1の価値とは

デザイナー教育の一環として、ベイジでは定期的に1on1ミーティングを行っている。3ヶ月に1度くらいのペースで、以下の話題で上司とふりかえりを行う。 上長の気づき 現在の課題の棚卸し 課題に対しての次のアクション 今回初めての1on1ミーティングだったが、受けてみて気づきや学びが多かった。それらを改めてまとめてみようと思う。デザイ […]

続きを読む →

クライアントからフィードバックを受けたときのブラッシュアップのポイント

デザインを進めていく中で、クライアントからフィードバックをいただくことがある。フィードバックはデザインに反映していくことになるが、うまく落とし込めず上司や先方からのOKがなかなかもらえない経験がある人もいるのではないか。 わたしも担当案件でフィードバック内容をうまくデザインに落とし込めず、上司のサポートを受けながら一緒にブラッシ […]

続きを読む →

有意義な提案のためにデザイナーができること

担当案件で設計とデザインの二度、クライアントに対して提案する機会があった。今回の提案がクライントに対して設計やデザインの説明をする初めての機会だった。この二度の提案を通して学んだことがある。 提案は説明会ではなく、議論する場 どちらの提案でも至らなかったと感じた点がある。クライアントに対して「説明をする」姿勢で臨んでしまったこと […]

続きを読む →

制作過程を振り返ることで得られる3つの効果

ベイジでは定期的にデザイナーMTGを行う。情報共有を目的とし、毎回担当者が進行中の案件を紹介しながら意見交換をする形で取り組んでいる。今回はわたしの担当案件を紹介する回だった。これまではデザインの完成形を見て、それについて話をするという流れが多かったが、今回は設計から最新のデザインに至るまでの全工程を共有した。実施前に想定してい […]

続きを読む →

SaaS Designers Meetup vol.1に参加しました

先日、SaaS Designers Meetupというイベントに参加した。今後ベイジでも業務アプリケーションやSaaSに力を入れていく方針であるのと、純粋にBtoBのデザイナーのお話を聞いてみたいと思い参加した。採用、教育、医療、物流分野のBtoB領域のお話を聞くことができ、とても有意義な時間だった。どの会社も事業会社だったので […]

続きを読む →

経験が浅いデザイナーが仕事に自信を持つために教わった2つのこと

昨年末の話になるが、今年1年の振り返り面談を行った。入社して3ヶ月ほどが経った中で、良かった点や自分の課題に対してフィードバックをいただいた。自分の中で一番の課題として「仕事に対して自信がない」というものがある。これに対して2つのアドバイスをいただいた。 業務に直結するトレーニングを積み、仕事での成功体験を得ること 今までのわた […]

続きを読む →

ベネフィットまで考えた魅力的なコピーの書き方

先日、ある案件のランディングページで初めて設計を担当した。はじめての設計を通していろいろな学びがあったが、特に学びになったのが、「ベネフィットを具体的な言葉で示す」ということだ。今回の学びも踏まえて、ユーザーにとってのベネフィットを考えた魅力的なコピーの書き方をまとめてみようと思う。設計やデザインを行う上でコピーまで考える必要が […]

続きを読む →

ブログ記事のテーマ選定で得られた学び

ベイジの今年の目標のひとつとして「無理せず学習する組織」というものを掲げている。日常業務の中で自然と学習ができる環境や組織を作っていこうという目標だが、その取り組みのひとつとして、今年からスタッフブログを始めることになった。 先日、自分の執筆テーマを選定し、上司からそのテーマについてのヒアリングとフィードバックをいただいた。当初 […]

続きを読む →