「シンプルUI」は顧客と共に創るもの

塚元 舞賀のプロフィール画像
デザイナー 塚元 舞賀

394 view

ベイジでは現在、「シンプルUI」 がホットトピックだ。

「シンプルUI 3原則」として次の3つを掲げている。

・No Gimmick(ギミックを使わない)
・No JS(JSに頼らない)
・No Special(特別なことをしない)

これらを守らないことによる弊害としては、以下のような点が挙げられる。

・操作が複雑になる、操作難易度が上がる
・操作ミスやエラーが起きやすくなる
・求めるリテラシーが上がる
・理解できない人、操作できない人が増える
・開発工数が上がる
・開発遅延が起きやすくなる
・修正や改善がしにくくなる

開発工数の増加や修正のしづらさはイメージしやすい。

既存ライブラリの活用や、不用意に装飾的なアウトプットを作らない等、ある程度共通した改善策があるが、操作難易度やリテラシーというのはユーザーの利用状況や背景も大いに影響する部分であり、「これをすればシンプルになります」と言うことは難しい。

お作法的なUIを踏襲することによって、操作の難易度を下げることはもちろん可能だが、私たちはさらに進化した「シンプルUI」を実現させたいと考えている。

情報量が多く、一度に処理できるタスクが多い方が「シンプル」というケースもあるし、情報量・タスクともにより少ない方が「シンプル」というケースも考えられる。

そう考えると、「シンプル」とは私たちの机上の空論で考えるのではなく、顧客との対話をとおして「シンプルとは何か?」を問い直すところから始めていく必要があるのではと思う。

UXリサーチによってユーザーを理解することは行っているが、まだテンプレート的な「ユーザー理解」にとどまっているような気がしているので、もう一歩踏み込むために顧客とコミュニケーションを取るに時間を増やしたい。

理想を実現するためには既存のやり方に固執していては前に進まないので、プロジェクトの進め方から制作手法まで丸ごと変えていく必要があり、改善チームを組成して改善に取り組んでいる。

シンプルUI実現のためにやることは山積みだが、コンサルタント、デザイナー、エンジニアの三位一体で理想の実現のために邁進していきたい。

関連する日報

    "ググれ、カス"を真に受けないで

    847 view

    新屋敷 章寛のプロフィール画像
    新屋敷 章寛 デザイナー
    グループ取材を円滑に進める7つの心得

    289 view

    鈴木はる奈のプロフィール画像
    鈴木はる奈 ライター
    デザインを複数案作る時の心得

    5,977 view

    岡本 早樹のプロフィール画像
    岡本 早樹 デザイナー
    モチベーションの低迷を打破する輪読会のすすめ

    542 view

    板垣 琴音のプロフィール画像
    板垣 琴音 デザイナー
    なぜ、地方在住webディレクターがベイジに転職したのか

    902 view

    江田哲也のプロフィール画像
    江田哲也 コンサルタント
上に戻る