「できる」けど「やっていない」理由を説明しよう

川名子 紗依のプロフィール画像
デザイナー 川名子 紗依

2,758 view

デザイン提案のミーティングをする中で、お客さんから「なんでここは〇〇にしていないんですか?できますか?」といった質問が来ることがある。

私はよく「はい、実現可能です。」と答えてしまいがちだった。しかし、実現可能なのにやっていなかったのには必ず理由があるはずだ。

プロジェクトを一緒に進めている先輩から、「ウェブで出来ないことってほぼないよね。でも”やらない理由”はなぜか?をセットにして伝えるようにしよう」というアドバイスを頂いた。

実現可能なのにやっていなかったのは、その要素がユーザビリティを損なう可能性があったから、ということをしっかり説明をする必要がある。

それが抜けてしまうと「出来るんだったら、なんで最初からやってないんだろう?」という解釈になってしまう。

お客さんがやってほしいと言っていることに対してNOと言うのは少し勇気がいる。しかし、ユーザーの利便性や使いやすさを考えると、時には断ることも必要だ。

「やらない」ことが「顧客の成功」に繋がると思えば、提案するハードルは下がり難しく感じない、と学んだ。

制作に没頭すると、つい制作側の視点に偏りがちだが、常に「ユーザーのためになるデザインとは何か?」を意識することが大切。デザインは美しいだけでなく、使いやすく、ユーザーにとって価値あるものでなければならない。

ベストな選択を追求し、ユーザーにとって心地よい体験を提供するデザイナーを目指していきたい。

関連する日報

    忙しいときこそ「ゆっくりやる」が効く

    792 view

    高橋 慶のプロフィール画像
    高橋 慶 コンサルタント
    リモートで入社初日を迎える方へ

    2,026 view

    古口 真凜のプロフィール画像
    古口 真凜 バックオフィス
    新入社員の「わからない」は有益な自己開示

    3,383 view

    若菜 真穂のプロフィール画像
    若菜 真穂 コンサルタント
    社員がチャレンジしやすい環境はなぜ生まれる?

    1,970 view

    西岡 紀子のプロフィール画像
    西岡 紀子 ライター
    「わかりやすい」ミーティングの3原則

    7,576 view

    本山 太志のプロフィール画像
    本山 太志 コンサルタント
上に戻る