専門家へのアウトプットは最強のインプットである

高橋 慶のプロフィール画像
コンサルタント 高橋 慶

1,266 view

専門家に向かって、その人の専門分野について自分の持つ知識すべてを話した経験があるだろうか。わたしはある。そして確信した。「これ、最強のインプットじゃん」と。

わたしは普段コンサルタントをしているが、ちょっとした事情から、ある案件にライターとしてアサインされた。その案件の顧客企業はニッチな商材を扱っており、原稿を書くにあたって知識をどれくらいインプットすればよいか悩んでいた。先方からいただいた資料や関連サイトなどを見て、掘れるところまでインプットをしたつもりだったが、どうも今ひとつ「自分は本当に十分理解できているのか?」感がぬぐえなかった。

そんなとき、折よく先方から「ウチの商材の良さをちゃんと知ってもらったうえでコンテンツを作ってほしいので、商材についてライターにレクチャーしたい」との申し出をいただいた。そのありがたい申し出に対して、最初は普通に話を伺おうと考えたが、「待てよ」と思いとどまった。

確かに専門家からレクチャーを受ければ、インプットとしては十分である。しかしいざコンテンツを作る段になった際、自分が「理解できた」と思っていることが本当に正しいかどうか、やっぱり不安が残るかもしれない。その不安を抱えたままコンテンツを作るのは、全然誠実じゃない。

「ならばいっそのこと、自分が今わかっていることを相手に全部聞いてもらって、間違っていたら指摘をしていただこう」と思い立った。そこで先方に、「話を聞く時間よりも、自分が話をして掘り下げてもらう時間に重きを置きたい」と伝えた。

結果、レクチャーは非常に有意義なものになった。先方はわたしの理解度が具体的に掴めたことで、修正すべき点やより理解を深めてほしい点に集中して指摘をくださった。わたしは自分の認識の正誤や足りないところを具体的かつ明確に知ることができたため、解像度がぐんと上がっただけでなく、「これで書ける」という自信にもつながった。

巷でもよく言われるが、アウトプットは最強のインプットだと思う。それも、その分野の専門家に対してアウトプットするといい。

「間違えたことを言ったら恥ずかしい」なんて思わなくていい。そもそもスペシャリストに敵うはずがない。むしろ自分の理解が不十分であることを前提として、「間違いがあれば教えてほしい」「より深く理解するためにはどこを掘り下げるべきか知りたい」という姿勢でフィードバックをお願いすれば、実りの多い収穫が得られるはずだ。

何かを「わかる」に不安を覚えがちな人は、ぜひ積極的に専門家へのアウトプットを試してみてほしい。きっと、理解がぐっと「自分のもの」になる感覚を得られると思う。

関連する日報

    私たちは皆、信頼のストックビジネスをしている

    876 view

    枌谷 力のプロフィール画像
    枌谷 力 代表取締役
    会議中の「気まずい沈黙」回避法

    12,594 view

    真鍋 知優のプロフィール画像
    真鍋 知優 ライター
    「フルリモートOK」を続ける会社の実態

    66,554 view

    西岡 紀子のプロフィール画像
    西岡 紀子 ライター
    経験やスキルがなくても、デザインのフィードバックはできる

    1,778 view

    原浦 智佳のプロフィール画像
    原浦 智佳 デザイナー
    「壁打ち相談」をうまく使って、情報設計を効率よく進めよう!

    1,200 view

    高島 藍子のプロフィール画像
    高島 藍子 デザイナー
上に戻る