• 得意分野

スマートフォン対応

Webサイトのスマートフォン対応、
正しく判断できていますか?

スマートフォンからインターネットを利用するユーザは今なお増えており、私たちが携わるWebサイトでも、スマートフォンユーザの比率が70%を超えることも珍しくなくなってきました。一方で、Webサイトのスマートフォン対応はまだ十分に進んでいません。その理由の一つは、以下のような悩みに対して、自社内で結論が出せないからではないでしょうか。

  • 利用率がどのくらいになったら、スマートフォン対応をすべきなのか?
  • レスポンシブWebでワンソースにするのと、別サイトにするのと、どちらが良いのか?
  • PC用の既存サイトが存在するのだが、どう活用すればいいのか?
  • SEOにスマートフォン対応が必要と聞いたが、早く対応しないとマズいのか?
  • スマートフォンユーザには、どういうデザインが好まれるのか?
  • スマートフォンユーザがよく読むコンテンツの特徴は?
  • スマートフォンユーザ向けのWeb戦略はどうすればいいのか?

数多くのスマートフォンサイトをデザイン、構築した経験のある私たちベイジは、こういった企業の悩みに答え、最適なご提案が可能です。私たちは、画一的にスマートフォン対応を進めることはありません。ビジネス特性、運用体制、予算などから総合的に判断した、最適なスマートフォンサイトを提案いたします。

スマートフォン対応が必要な条件は?

PCサイトをただスマートフォン化するだけではなく、ターゲットや訪問者の現状を分析し、事業に与えるとインパクトから、実施内容を決める必要があります。スマートフォン対応が必要かどうかは、以下のようなチャートでも簡易的に診断できます。社内検討する際の判断材料としてご活用ください。

独自サイトかレスポンシブか。最適な方法をご提案します。

近年はレスポンシブWebでマルチデバイス対応をするケースが増えていますが、レスポンシブWebがいつも最適解ではありません。私たちはターゲットが求めるコンテンツ特性や、既存サイトの構造、制作ボリューム、CMSの仕様、更新性なども考慮し、現実的な方法をご提案しています。

  レスポンシブWeb 独自サイト 部分最適
概要 同一ソースでPCとスマートフォンに対応する PCとは別にスマートフォン専用サイトを構築する 一部分だけスマートフォン対応をする
ソース ワンソース 別ソース 一部ワンソース、一部別ソース
コンテンツ 基本的にPC版と同じ PC版と別にできる PC版と別にできる
URL URLは同じ URLは別 独自ページのみURLは別
制作負荷 規模が大きいほど楽になる 規模が大きいほど高くなる 少ない
メリット ワンソースなので更新が容易
SEOに有利
数が多いと割安の傾向
コンテンツを別にできる
ログ解析が容易
コンテンツを別にできる
コストを抑えられる
デメリット コンテンツと構造の共通化が必須 更新が二重化する可能性あり
規模が大きいとコストが高い
PC版と混在する
更新が煩雑になる可能性あり

弊社で一番多いのはレスポンシブWebですが、スマートフォン用にまったく別のWebサイトを立ち上げる独自サイト、一部のページだけスマートフォン化を行う部分最適の、いずれも実績がございます。

私たちの実力は、豊富な実績からご判断ください。

私たちの実力と知見は、スマートフォンサイトの豊富な実績でご確認ください。お客様のビジネスとターゲットユーザの行動、そして既存のWeb資産を考慮した最適なデザインをご提案します。

ご相談・お問い合わせはこちら
ご相談・お問い合わせ