マーケティング、デザイン、技術用語の解説

Slack

投稿日:
執筆者:
今西 毅寿
ジャンル:
テクノロジー , マネジメント

米国サンフランシスコに拠点を置くSlack Technologies, Incが、2013年8月より提供しているチャット形式のコミュニケーションツールです。2016年10月時点では、1日あたりのアクティブユーザー数(DAU)は、全世界で400万人を突破したと発表されています。

1対1でのチャットはもちろんのこと、チームでのコミュニケーションツールとして利用することができるので、IT企業を中心に国内でも広く利用されています。Webブラウザでの利用のほか、専用のアプリが用意されているので、スマートフォンやタブレットでも利用できます。

主に以下のような特徴があります。

  • 特定のメンバーのみが閲覧できるチャンネルを作成できる
  • 特定のメンバーに対してメンション通知ができる
  • ドラッグ&ドロップで簡単にファイルの共有ができる
  • 各種プログラミング言語のソースコードが投稿できる
  • オリジナルの絵文字を作成できる
  • ショートカットが充実している
  • 関連する発言をスレッド化して表示できる
  • URLを投稿すると自動的にサムネイルが表示される

また、その他の大きな特徴として、GoogleカレンダーやGitHub、Trelloといった数多くの外部サービスと連携ができる点があります。プロジェクト情報の共有やタスク管理など、複数のサービスを行き来することなく一元管理ができることも、コミュニケーションツールの域を超えて利用されている人気要因となります。

料金体系としては、無料プランと2種類の有料プランが用意されており、無料プランの場合は、過去の投稿履歴の検索・閲覧件数の上限や、利用できるストレージの容量は5GBまでといった制限が設けられています。(2017年2月現在)

share