プレゼンテーションが上手な人の共通点

先日、自社の採用イベントがあり、登壇メンバーでリハーサルをしていた。その際に、上手だなと思う人にはいくつか共通点があったのでまとめてみた。

1. 早口で喋らない

人前で話すことに慣れていない人は、緊張して早口になることがある。私もその1人で、「もっとゆっくり喋ると聴きやすいよ」とアドバイスをもらった。

自分ではゆっくり話しているつもりでも、その声を録音して聞き返すと、思っていたよりも早い。もし、早口の状態が続くと、聞き手側は「この人緊張しているのかな?」と感じたり、理解するスピードが追いつかないことがあるだろう。

もちろん抑揚をつけて話すこともいいが、それは、相手が聞き取りやすいスピードで話すことができてからでいいと思う。まずは、自分にとって遅いくらいの速さで話すよう心がけたい。

2. 前提条件や話の全体像を見せる

唐突に話全体の末端にあたる内容を話すと、聞き手は「これは何の内容なのか?」と戸惑うことがあると学んだ。例えば、採用イベントでは、自分が担当したデザインの実績を紹介した。そこで、いきなり案件Aの説明に入るよりも、

  • これから紹介するデザインの実績は全部で何件なのか?
  • その実績を選んだ理由は?
  • デザイン制作の工程で具体的にどこにフォーカスして話すのか?

と前置きを挟む。すると、聞き手は、事前にこれから話す内容を把握できて、頭に入りやすいだろう。ただ、前置きをすべて話すと長くなることもあるので、ケースバイケース。大事なのは、聞き手が理解する上で、本当に必要な情報を話すことだと感じた。

3. 自分の言葉で話す

プレゼンテーション資料は、必ずしも発表者本人が作成するとは限らない。例えば、今回のイベントだと、会社説明の資料は既に別の人が作成しており、その資料を使用する場面があった。

その場合、ただ文章をなぞるように読みあげると、機械的で淡々としているように聞こえる。なので、発表者の経験談や考えなども加えることで、感情が入りやすく表情も変わり、聞いていて飽きない発表になる。

参加者としては、せっかくイベントに参加したのだから、ネットには載っていない情報を知ることができたら嬉しいだろう。小話として成功談だけではなく、こういうところで苦労したみたいな実体験や参加者が共感する例など出すと、満足度にも影響しそうだなと思う。

4. 資料の文字をそのまま読み上げない

普段の仕事でも先輩からよく言われるのだが、資料に書かれている文字は、相手も見ればわかる。なので、そのまま読み上げてしまうと、話が長くなり、重要なポイントはどこなのかわかりにくいことがある。

例えば、ある結論を述べるときでも、資料に書かれていない話や、なぜそうなるのかなどを噛み砕いて伝えると付加価値となり、聞き手の納得度も変わってくるだろう。プレゼンテーションでは、相手が退屈しないために、話の組み方も大事であると学んだ。

5. 参加者を置き去りにしない

当日は、参加者からの質問があれば、随時聞いてもらうというスタイルだった。あるメンバーが、最初に「わからないことがあれば、聞いてください」という一声をかけたり、話の区切れ目で「今の内容で何か質問がある人はいませんか?」と参加者に問いかけていた。

採用イベントなどのラフなイベントでは、相手も巻き込んで進行してもいいなと感じた。小さな配慮かもしれないが、そういった一声で生まれる質問もあるかもしれないし、参加者が話の内容を理解しているかの目安にもなるだろう。

また、発表時に原稿を見すぎてしまうと、下を向く回数が増えてしまう。自分が聞き手なら、下を見すぎて、その人だけの世界に入り込む人より、参加者の目を見て話す人の方が印象がいい。準備している内容を全て話し切らなくても、自分が伝えたい内容を自然に話せるようにしたい。

最後に

イベントのリハーサルを通して、自分の改善ポイントが出てきた。 これは、採用イベントだけではなく、クライアントワークや社内プレゼンなど多くの場面でも役立つと思う。自分都合だけで考えるのではなく、相手にとって有意義な時間にもなるような発表にしていきたい。