「思考の垂れ流し」があなたのプロジェクトを救う

西岡 紀子のプロフィール画像
ライター 西岡 紀子

2,921 view

最近チームメンバーと話していて、あることに気づいた。それは「いい感じのプロジェクトのSlackには”垂れ流し”が多い」ということ。「垂れ流し」とは「思考の垂れ流し」の略で、自分の思考や仕事のアイデアなどを、社内チャットのSlackに自由に投稿することを指す。

投稿内容はなんでもあり。プロジェクトの戦略の仮説、デザイン制作のアイデア、ベンチマーク情報から顧客の最新ニュースの共有まで、頭に浮かんだことを言語化してそのままチャンネルに放流する。誰にもメンションをつけずに投稿するが、それを見たメンバーは、スタンプをつけたりコメントを入れたりして好きに反応する。

ただのひとりごとのように見える思考の垂れ流しには、実は多くのメリットがある。

  1. プロジェクト内の情報流通量が増え全体を把握しやすくなる
  2. 人の思考やアウトプットの過程がわかり自分の視野が広がる
  3. メンバーのアイデアが自分の仕事のヒントになる
  4. 自分の仮説やアイデアを壁打ちできる
  5. コミュニケーションのきっかけになる

これ以外にも先日まで担当していたあるプロジェクトでは、思考の垂れ流しによる意外な効果を発見した。垂れ流しが多いと、Slackのチャンネルがリアルに近い”職場”になるのだ。

会話のきっかけがたくさんあるから、オンラインでもメンバーに話しかけやすい。相手もすぐに話しかけてきてくれる。すると仕事がやりやすい。そしてちょっとしたトラブルもスムーズに乗り越えられるようになる。いわばオフィスで隣にいる同僚にちょっと相談して解決、のような行動をオンラインで再現できるようになっていた。

一方で思考の垂れ流しの弱点は、人によって向き不向きがあることだろうか。自分起点の発信が苦手だったり、思ったことを公の場に流すことに気おくれするメンバーもいるだろう。

私自身も、同じプロジェクトに垂れ流し上手がいれば乗っかれるかな、程度のB級クラス。「こんなこと垂れ流してもなんの役にも立たないだろうな…」と躊躇して、送信ボタンを押す直前で投稿を削除することもしばしば。

しかしベイジにはロールモデルとすべき、垂れ流しに長けたメンバーが複数いる。SNSで思考を大量露出している枌谷さんを垂れ流し界の頂点とするなら、周囲の反応を気にしすぎることなく、Slackに思考をガンガン垂れ流せるマスタークラスも、各職能に一名ずつくらいはいる。

垂れ流しによる複数の恩恵を享受してしまったからには、私も彼らを目標にマスタークラスを目指さねばならない。できるだけ自分の思考を言語化して垂れ流し、プロジェクトの成功とメンバーの成長に貢献できるようになろうと思う。

関連する日報

    資料作りは箇条書きから始めよう

    2,624 view

    佐々木 俊祐のプロフィール画像
    佐々木 俊祐 マーケター
    忙しいときこそ「ゆっくりやる」が効く

    925 view

    高橋 慶のプロフィール画像
    高橋 慶 コンサルタント
    リモートで入社初日を迎える方へ

    2,095 view

    古口 真凜のプロフィール画像
    古口 真凜 バックオフィス
    新入社員の「わからない」は有益な自己開示

    3,425 view

    若菜 真穂のプロフィール画像
    若菜 真穂 コンサルタント
    社員がチャレンジしやすい環境はなぜ生まれる?

    2,035 view

    西岡 紀子のプロフィール画像
    西岡 紀子 ライター
上に戻る