フィードバックは人のためならず

西岡 紀子のプロフィール画像
ライター 西岡 紀子

703 view

ベイジにはフィードバック文化が根づいている。デザインや原稿などの制作物へ所感を伝えるのはもちろん、商談や顧客提案の後にはオンラインで集合し、「感想戦」としてGoodやMoreを伝え合う。

一般的にフィードバックはメンバーを育成する手法のひとつと言われる。しかし過去イチでフィードバックの交通量が多いベイジで仕事をするうちに、実はフィードバックは「する側」にもさまざまな恩恵があることに気づいた。

1. 客観的視点を磨ける

自分の制作物の善し悪しを客観的に判断するのは案外難しい。しかしメンバーのアウトプットを見るときは1ユーザーの立場なので、「意味が分かりづらいな」とか「読むときに引っかかりがある」などの改善ポイントを客観的に見つけられる。

そうして第三者視点で見つけた改善ポイントには、自分がよくやらかすものもあったりする。それらを自分用の戒めリスト(=チェックリスト)に入れておけば、自分の成果物を推敲するときに見返せる。一度のフィードバックが二度三度と役に立って、お得感たっぷりだ。

2. 言語化・構造化を鍛えられる

フィードバックするためには、感じたことを言葉にする必要がある。「なんかちょっとアレな気がします」では、考えを相手に共有できない。伝えるために「アレ」がなんなのか必死で深掘りし、ときにはなぜ「アレ」になったのか原因を探しにいく。これが思考の言語化や情報の構造化をするよい訓練になるのだ。

またフィードバックのために普段意識していない仕事のコツやポイントを言語化しておけば、形式知として他のメンバーも活用できる。これをコツコツ貯めていけば、会社のナレッジにもなるだろう。

3. 経験値を増やせる

コンテンツ制作にしろ顧客への提案にしろ、自分が直接手がける仕事の数には限りがある。しかしメンバーへフィードバックをすることで、対象物や体験を自分事化して深く考える機会をつくれる。

さらに人のアウトプットをなぞることで自分にはない思考や手法を学べるし、これが自分の仕事を振り返るきっかけにもなる。当事者として矢面に立っていなくても、自分の経験値を間接的に増やし、次の仕事に活かせるのだ。

経験が浅い人ほどフィードバック「する側」になろう

フィードバックとは自分の知識や経験をシェアするだけの行為ではない。新たな気づきを得て、思考を整理し、自分の仕事に循環させるクリエイティブな仕事なのだ。キャリアが浅いうちはフィードバックを受ける回数が多いと思うが、積極的にフィードバックを「する側」にもなってみるとよいと思う。

関連する日報

    私たちは皆、信頼のストックビジネスをしている

    910 view

    枌谷 力のプロフィール画像
    枌谷 力 代表取締役
    会議中の「気まずい沈黙」回避法

    12,596 view

    真鍋 知優のプロフィール画像
    真鍋 知優 ライター
    「フルリモートOK」を続ける会社の実態

    66,556 view

    西岡 紀子のプロフィール画像
    西岡 紀子 ライター
    経験やスキルがなくても、デザインのフィードバックはできる

    1,778 view

    原浦 智佳のプロフィール画像
    原浦 智佳 デザイナー
    「壁打ち相談」をうまく使って、情報設計を効率よく進めよう!

    1,203 view

    高島 藍子のプロフィール画像
    高島 藍子 デザイナー
上に戻る