ライターに力を発揮してもらうコミュニケーションのコツ

鈴木はる奈のプロフィール画像
ライター 鈴木はる奈

1,582 view

これから外部のライターの方と仕事をする機会が増えてきそうだ。できるだけお互い気持ちよく仕事を進めていきたい。そのために依頼側としてどのような配慮をしていけばいいのか。自分が過去にライターに依頼する立場だった時、「こうすればよかった」と反省したこと、また逆にライターとして仕事を受けた際に、「いいな」と感じた編集の方の行動を思い返して、気づいた点を4つ挙げてみたい。

原稿料と締切日は依頼時に伝える

依頼側としては、まず「取材日にライターの予定が空いているかどうか」に意識がいってしまう。そうすると原稿料や締切日の連絡を後回しにする人もいる。しかしライター、特にフリーランスの人にとってはもっとも大事な情報で、その内容によって仕事を受けるかどうか判断する材料になる。本来は依頼時に必ず伝えるべき項目だ。もしどうしても未確定の情報があれば、「分かり次第連絡します」とお伝えしておく。

原稿を受け取ったら必ず返信を

「え? 連絡しない人がいるの?」と不思議に思う人もいるかと思うが、意外と原稿を受け取ったという返事をしない担当者はいる。自分がライターをしていた際も、4割くらいは連絡が来なかったような気がする。しかしライター側は「無事に納品されたのか?」と不安に感じるので、返信は必ずしておきたい。

記事が公開されたら連絡する

原稿受け取り連絡より少なくなってしまうのが、記事公開の連絡だ。多忙な依頼側にとっては、忘れがちになってしまう作業なのだろう。しかしライター側にとっては、自分の原稿がどのように掲載されたのか当然気になる。完成形を見ることで、次回の改善点を見つける可能性もある。今後もよい原稿づくりをお願いするためにも、掲載URLの連絡、紙媒体の場合は見本誌の送付を忘れないよう心がけたい。

原稿の感想はモチベーションの素

自分が書いた原稿に対する良い反応は、ライターにとってもっともモチベーションがあがるもの。お客さまや読者から感想をもらった場合は、すみやかに知らせよう。もしくは原稿を読んでみて、自分が感じたポジティブな意見を伝えるのも良いと思う。

以上は、当たり前といえば当たり前のことだ。だが自分が仕事をしてきて、すごいなと思う編集の方ほど、上のような基本的なことを欠かさない。そしてほめ上手で、ライターの力をさらに発揮させるのに長けていると感じる。

ベイジでは絶賛ライター募集中です

現在ベイジではライターを絶賛募集中です。少しでも気になった方はお問い合せください。

詳しくはこちら

カジュアル面談はこちら

関連する日報

    社員がチャレンジしやすい環境はなぜ生まれる?

    677 view

    西岡 紀子のプロフィール画像
    西岡 紀子 ライター
    「わかりやすい」ミーティングの3原則

    6,454 view

    本山 太志のプロフィール画像
    本山 太志 コンサルタント
    「この案件は特殊だった」は言い訳でしかない

    2,501 view

    野上 恵里のプロフィール画像
    野上 恵里 コンサルタント
    「答えにくい質問」をやめるコツ

    4,675 view

    川名子 紗依のプロフィール画像
    川名子 紗依 デザイナー
    名前が変われば会議が変わる

    6,133 view

    西岡 紀子のプロフィール画像
    西岡 紀子 ライター
上に戻る