トランスフォーマーが教えてくれた人生を後悔しないための考え方

リモートワーク期間中に、習慣として以下のことを実践している。 軽い運動 読書 ギターとピアノの練習 プログラミングの動画を見ること 軽い運動は運動不足解消のために始めたが、読書や楽器の練習はリモートワークになり余暇時間が増えたので、未来にむけて […]

続きを読む →

身を削って対応する、という悪手

以前勤めていた会社は、仕事で困難なことがあった時、身を削って対応することが美学のように語られる傾向があった。 確かに身を削らないと解決しないこともあるだろうと思い全否定はしなかったが、なんで自分の身を削ることが称賛されるのだろうと、最初は疑問に […]

続きを読む →

無駄なやり取りを減らす質問の仕方

ベイジでは開発に入る前に要件定義書を作成しているが、ある案件の要件定義が落ち着いた。この案件は今後、外部の協力会社さんに開発・実装を担当いただくが、その協力会社さんには、複数の案件を同時にお願いしているため、チャットを使ったやりとりが増えると予 […]

続きを読む →

プログラミングでハマった時に行う原因の突き止め方の基本

最近は業務の中で、若いフロントエンドエンジニアにプログラミングを教えることが多い。 何か質問されたときに明確な答えをすぐに言えれば、それを伝えるだけで済む。しかし大抵はその答えを知らない。なぜなら、質問を受けた時点では状況や目的や前提までは把握 […]

続きを読む →

ドキュメント作りで一番大切なのは、相手に考えさせないこと

サイトを更新するための資料を作成したときのこと。 この手のマニュアルのような資料は、単純に手順を整理して示すだけでなく、どうすれば担当者の作業の負担を軽減し、誤解なく、ミスなく、作業を完遂できるかを考えなければならない。 わたしの考えでは、一番 […]

続きを読む →

エンジニアとしての自分のやりがい

大きな会社で働くエンジニアは、巨大なシステムのごく一部の機能の開発を任せられることも多い。仲間とともに、一つの大きなシステムを作るという楽しみはあるだろうが、一人でサイト全体に関わることができる今の仕事のほうが、自分には達成感を感じやすい。多く […]

続きを読む →

教えることの価値

中村さんとのやりとりの中で、JSについて質問されることがあるのだが、以前より、不明なところを具体的に質問してくるようになった気がした。 プログラムを始めて最初の壁は、「わからないところがわからないこと」である。わからないところがわかれば、後はそ […]

続きを読む →