トランスフォーマーが教えてくれた人生を後悔しないための考え方

リモートワーク期間中に、習慣として以下のことを実践している。

  • 軽い運動
  • 読書
  • ギターとピアノの練習
  • プログラミングの動画を見ること

軽い運動は運動不足解消のために始めたが、読書や楽器の練習はリモートワークになり余暇時間が増えたので、未来にむけての知識を蓄えたり、将来の楽しみを増やすために始めてみた。

どんなことでも、すぐにできるようになるのではなく、習得には時間がかかる。「やってみたい」、「やってみようかな?」と思うきっかけがあったのに行動に起こさず、後悔するのはもったいない。

そういう時に頭をよぎる言葉がある。

「50年後にあの時乗っておけばって後悔したくないだろ?」

私の好きな映画「トランスフォーマー」の中で、主人公サムがミカエラという女性に言った言葉だ。歳を重ねると「あのとき○○をやっておけば…」とか「○○を継続できていれば…」と後悔することが多く、そんなときにこの言葉に出会い、ハッとした。

それからは色々チャレンジすることも増えて、買い物も習慣も少しでも良さそうと感じたら、まずはじめて納得するまで継続してみるようにしている。そうすることで絶対に数年後の自分が大きく変わってくるはずである。

自分の生涯を終えるまさにその時に「あのとき○○しておけば」と後悔しないためにも、今できることは全力で取り組みたい。