• 得意分野

コーポレートサイト制作

あなたのコーポレートサイトは
正しく設計・デザインされていますか?

コーポレートサイトは「ネット上の本社」といえるほどに、その重要性を増しています。私たちはこれまで、業界や規模を問わず数多くのコーポレートサイトを手掛けてきました。ブランドに合わせたデザインだけでなく、現状分析やコンテンツ企画、適切な成果指標に至るすべてをご提案可能です。リニューアルをお考えであれば、是非私たちにご相談ください。

コーポレートサイトのタイプで、重視すべき点が変わります。

コーポレートサイトは事業形態や目的によって、コンテンツ、構造、動線は大きく変わり、Webサイトの成功を証明する指標も変わります。検討の初期段階では、以下のような一般的な分類を参考にしながら、Webサイトの真の目的を見定めていきます。

タイプ1:プロダクトサイト型

タイプ1:プロダクトサイト型

製品・サービス訴求がメインコンテンツとなり、リード獲得を主目的としたコーポレートサイト。製品名が会社名、製品名より会社名の方が有名、といったBtoB企業に多いタイプです。KPIは資料請求やお問い合わせなどのCV数/率など。コーポレートサイトのパフォーマンスが売上に影響を与えます。

タイプ2:ブランドサイト型

タイプ2:ブランドサイト型

企業・製品・サービスのブランド訴求までを主目的としたコーポレートサイト。販売チャネルを外部に持ち、自社では製品紹介までしかできないBtoC企業に多いタイプです。KPIは新規訪問者数、対象キーワードでの上位表示、対象コンテンツ内の閲覧時間、ECサイトへの誘導数/率など。

タイプ3:ゲートウェイ型

タイプ3:ゲートウェイ型

外部にサブサイト群を有し、そこへのナビゲーションを目的とするコーポレートサイト。ソニーのような多角経営企業や多数のブランドポートフォリオを抱える企業に多い。KPIはサブサイトへの誘導数/誘導率など。閲覧時間や閲覧ページ数は短い方が良い、という場合もありえます。

タイプ4:IR重視型

タイプ4:IR重視型

投資家をターゲットとしたコーポレートサイト。上場企業はこの特性を有します。独自性より汎用性重視で、評価が高い企業と似たコンテンツや構造が求められます。情報の更新性も重要です。KPIはIRサイトランキングでの順位など。個人投資家が多い場合にはスマートフォン対応も必須です。

タイプ5:採用重視型

タイプ5:採用重視型

採用を主目的としたコーポレートサイト。ビジネスにWebはあまり影響を与えず、人材獲得に苦労している企業に多いタイプです。多くの場合は求職サイトとの連携が前提となります、KPIはエントリー数の増加、応募者の質の向上など。求職者のリテラシーに合わせたコンテンツ発信が必要です。

タイプ6:メディア型

タイプ6:メディア型

情報発信を主目的としたコーポレートサイト。直接商材を売り込むのではなく、情報発信を通じて顧客とのコミュニケーションを図るタイプです。更新性や読みやすいページ構造が求められます。KPIは閲覧者数、再訪問率、PVなどで、直帰率は比較的高めになります。

タイプ7:多言語型

タイプ7:多言語型

グローバル展開をしている企業に求められるコーポレートサイト。タイプとしてはさらに細分化され、言語変換しただけのミラー型、国別に規模もコンテンツも変えた独自展開型があります。ドメインや翻訳原稿、現地での運営体制なども考慮して制作する必要があります。

成功するコーポレートサイトは、ターゲットに優先順位があります。

企業の本社がそうであるように、コーポレートサイトも顧客のみならず、求職者、株主、社員など、様々な属性のユーザが訪れます。だからこそ、ビジネスに貢献するコーポレートサイトを作るうえでは、ユーザの優先順位付けが非常に重要なポイントとなってきます。

コーポレートサイトのターゲット

コーポレートサイトには多種多様なユーザが訪問します。これらすべてのユーザに応えようとすると、コンテンツやナビゲーションは曖昧になり、誰にとっても使いにくいコーポレートサイトになってしまいます。

コーポレートサイトにまつわるすべてをサポートする用意があります。

コーポレートサイトの制作に手慣れた私たちは、明確なワークフローとロードマップを持っています。社内承認プロセスの違いなど、お客様固有の事情も考慮しながら、担当者の負担をできるだけ軽減するよう、リーダーシップを持ってプロジェクトを推進していきます。

コーポレートサイト制作ワークフロー

プロジェクトは基本的に、戦略、設計、開発、運用の4つのフェーズに分かれて進行します。大きくはウォーターフォールですが、各フェーズ内はアジャイル的な進め方も併用し、よりスピーディーで生産性の高いプロジェクト進行を実現します。

ご相談・お問い合わせはこちら
ご相談・お問い合わせ