「私が言わなくてもいいか」をやめる宣言

白鳥 菜都のプロフィール画像
ライター 白鳥 菜都

4,871 view

「まあ、私が言わなくてもいいか~」が、1日のうちに何回か頭をよぎる。
ちょっと気になったことや、細かいけどやった方がいいこと、仕事をしているとぽつぽつと浮かんでくる。けれど、これまでの私は、「言わなくてもいいか」とスルーしてしまうことが多かった。

なんでスルーするのかというと、こんな風に思ってしまうから。

  • 細かいことに口出しして相手の時間を奪いたくない
  • 自分も完璧じゃないのに意見を言っていいのかな
  • とんちんかんなことを言って困惑されたらいやだな
  • 誰かが言ってくれるでしょ
  • そこまで指摘するのって私の役目なのか?

これを続けた結果、小さなモヤモヤが解消されずに後で大きなすれ違いが発覚する、といったことがたまに起こる。

本当はおそらく、多くの人が同じようなことを思っているのではないだろうか。心理学の言葉で「傍観者効果」というのがあるのだが、それと近いだろう。

傍観者効果:集団心理の1つ。助けが必要な人・事態に直面しているにも関わらず、周りに多くの人がいることによって、自分から率先して援助行動を起こさなくなる心理効果。

傍観者になってしまう背景には、私が「言わなくてもいいか」の理由にしていたような、責任逃れ(責任の分散)や他者からのネガティブな評価の回避(聴衆抑制)などがあるとされている。

しかし実際には、誰かが指摘しているから大事故にならずにプロジェクトが進むし、疑問を投げかけたところで非難されるようなことはほとんどない(ベイジにおいては)。細かいことだろうと、間違っているかもしれないことだろうと、一回言ってみる。言ってみた結果、間違っていたとしても、「間違っている」とわかればそれでいいだろう。

リーダーシップをもって動ける人間になるべく、まずは「まあ、私が言わなくてもいいか~」をやめたい。

関連する日報

    社員がチャレンジしやすい環境はなぜ生まれる?

    1,569 view

    西岡 紀子のプロフィール画像
    西岡 紀子 ライター
    「わかりやすい」ミーティングの3原則

    7,057 view

    本山 太志のプロフィール画像
    本山 太志 コンサルタント
    「この案件は特殊だった」は言い訳でしかない

    2,750 view

    野上 恵里のプロフィール画像
    野上 恵里 コンサルタント
    「答えにくい質問」をやめるコツ

    5,082 view

    川名子 紗依のプロフィール画像
    川名子 紗依 デザイナー
    名前が変われば会議が変わる

    6,541 view

    西岡 紀子のプロフィール画像
    西岡 紀子 ライター
上に戻る