固定観念は表現の幅を狭くする

高塚 結子のプロフィール画像
デザイナー 高塚 結子

619 view

先日、オウンドメディアのデザインを制作した。そのイメージは「堅実な印象」だったので、デザインでどう表現するか?を考えた。

実際にデザインを制作してみて

わたしは、デザインを作る際に言葉の持つイメージに引っ張られてしまう。今回の「堅実な印象」とはまさとそれで、不要な固定観念を加速させてしまった。そのせいか、初校のデザインはどこか平坦で肩身が狭い印象だった。

レイアウトのワンパターン化

これまでもレイアウトがワンパターンで、もっと工夫ができないか?との指摘がしばしばあった。思い返すと、これまでの制作物をエレメントとして無意識に使っており、創意工夫を凝らして新しいものを作る意識に欠けていた。状況にもよるが、一度立ち止まり、最適なものは何かを模索するのが良いだろう。

配色を考える難しさ

配色を考えるのは想像の何倍も難しい。そのコツはまだまだ手探りの状態だ。今回も定義が曖昧だったり、補色を必ず使用するなどの制約をかけてしまい、結果悩む要素が多かった。配色は印象を左右するものなので、今後は効率的に行えるよう、配色を考える際には以下を念頭に置くようにしたい。

  • 何案か出す場合、関係性が似ている配色は避ける
  • 配色のイメージスケールあちこちまたいで迷走しない
  • むやみにたくさん色を使いすぎず、一貫性を持つ
  • ビビットカラー同士など喧嘩する色同士は避ける
  • 世の中のサイトがどのようなルールなのかを調べる

加えて、先ほど「配色は印象を左右するもの」と書いたが、とらえ方は人それぞれ。なので提案の際には、回りくどい説明や、こちらのイメージを断定・押し付ける言い方は避けるようにしたい。

デザインのトレンドを研究

私見だが、オウンドメディアといえばコレ!としがらみがあった。例えば、白い立体パネルにテキストが乗り、それらが規則的に並んだイメージ。しかし他のサイトデザインを見ると、トレンドが意識されているのも多くあった。その中で印象に残った点を洗い出しみようと思う。

  • ネオンカラーやグラデーションを用いた配色
  • ウィンドウ幅を横いっぱいに使ったファーストビュー
  • テキストや写真が大きめでせせこましくない
  • パネル表現でなくとも、別の工夫がされており視認性が失われていない

など、すべてを取り入れるわけではないとしても、活かせる点に気づくことができた。こういったデザインの参考になるサイトを、ひとつの指標としながら制作をしてみると良いかと思う。これだけでなく、ベイジで受け持つ案件と近いサイトには、どのような工夫がされているか?などを分析・言語して「デザインの幅」を増やすよう努めたい。

最後に

ベースデザインをはじめて、約半年と日は浅い。しかし、デザイナーとして一定のクオリティを担保しなくてはならない。「初めてだからよくわからない」ではなく、まずは調べて言語化したら理解が深まると考える。そのような日々の積み重ねを、デザイン制作に繋げるようにしたい。

関連する日報

    「わかりやすい」ミーティングの3原則

    6,453 view

    本山 太志のプロフィール画像
    本山 太志 コンサルタント
    フリー素材のアイコン・イラストを流用する時のコツ

    2,708 view

    岡本 早樹のプロフィール画像
    岡本 早樹 デザイナー
    経験やスキルがなくても、デザインのフィードバックはできる

    2,317 view

    原浦 智佳のプロフィール画像
    原浦 智佳 デザイナー
    「壁打ち相談」をうまく使って、情報設計を効率よく進めよう!

    1,592 view

    高島 藍子のプロフィール画像
    高島 藍子 デザイナー
    ベイジディレクターのリアル

    2,739 view

    本山 太志のプロフィール画像
    本山 太志 コンサルタント
上に戻る