一発でOKをもらおうとするのはやめた

新屋敷 章寛のプロフィール画像
デザイナー 新屋敷 章寛

2,586 view

ビジュアルデザインの提案において、修正が出ないようにすることは素晴らしい事だが、顧客が見た時に「ここの部分はこういうふうに修正してほしい」という意見をくださることが、実際には多いと思う。

ウェブサイトをより良いものにしようという旨の意図であり、私たちは可能な限り寄り添い、ベストを尽くしたい。

デザイナーとしての気付き

デザイナーは専門家でありながら、お客様の頭の中にあるイメージを一発で言い表すことはできない。だからこそ、毎回「どうしたらブラッシュアップできるか」という視点で提案に挑まなければならないのだ。

初めは修正することを漠然と怖がっていた。しかし、プロジェクトを経験するうちに、修正はブラッシュアップするチャンスであると気づいたのだ。

ブラッシュアップのチャンスと思考の転換

私は提案に挑む際、「どこをどのように良くできるか」を重視し、ブラッシュアップを前提に行動している。デザイナーとしての私の役割は、お客様の要望を形にすることであり、そのためには柔軟な思考が必要だ。提案に取り組む度に、新たな糸口を見つけ、クライアントと協力しながらウェブサイトをより良いものに仕上げていくのだ。

まとめ

ビジュアルはロジカルに答えを導き出すようなものではない。

それは主観が入る領域であり、提案する際には常に緊張と共に、「どうやったら上手くいくだろうか」と考えている。

一発で正解を射止めることは難しい。

デザイナーとして、私たちは常に挑戦し、修正を通じてブラッシュアップを図り、クライアントと共に目指す方向に近づけていく。その過程で経験を積み、自身のスキルを磨いていくことが重要である。

関連する日報

    フリー素材のアイコン・イラストを流用する時のコツ

    3,050 view

    岡本 早樹のプロフィール画像
    岡本 早樹 デザイナー
    経験やスキルがなくても、デザインのフィードバックはできる

    2,506 view

    原浦 智佳のプロフィール画像
    原浦 智佳 デザイナー
    「壁打ち相談」をうまく使って、情報設計を効率よく進めよう!

    1,750 view

    高島 藍子のプロフィール画像
    高島 藍子 デザイナー
    BtoBサイトにおける「ファーストビュー攻略法」

    3,233 view

    池田 彩華のプロフィール画像
    池田 彩華 デザイナー
    デザインを複数案作る時の心得

    7,055 view

    岡本 早樹のプロフィール画像
    岡本 早樹 デザイナー
上に戻る