沿革

2010年の創業以来、手堅く着実な成長を目指してきました。

ベイジは急成長を目指すというより、手堅く徐々にビジネスを拡げていくスタイルでこれまでやってきました。大きな変化も驚きもないものですが、これまでの歩みを以下でご覧いただけます。(ベイジの歩みを読み物にした「The Story of baigie」を近日公開予定)

1997年4月 後にベイジを設立する枌谷が、NTTデータ通信(現・NTTデータ)に入社。企画営業に配属。この経験が、ビジネス志向であるベイジの特長の一部に、間接的に影響を与えることになり。
2001年4月 枌谷が都内の広告会社に転職。Webデザイナーとして、Webの世界でのキャリアをスタートさせる。その後2003年10月に都内のWeb制作会社にWebデザイナー、Webディレクターとして転職。
2007年10月 枌谷がフリーランスのWebデザイナー、Webディレクターとして独立。屋号はe*peher。
2010年1月 e*peherを法人化し、株式会社ベイジ設立。この時点での所属は枌谷1名だけであった。下北沢にオフィス開設。社員も3名体制に。
2010年10月 社員を採用して3名体制となり、下北沢にオフィスを開設。
2011年4月 現在の中核メンバーであるアートディレクター/デザイナーの荒砂が参加して4名体制に。
2011年10月 簡易サイトだったWebサイトをリニューアル。SEOでの集客を強く意識したものだった。
2012年1月 フリーランスのエンジニアとして在籍していた野村が正式に参加。5名体制に。
2012年夏頃 Googleのアルゴリズム変更により検索順位が急上昇。以後、下請けの仕事が減り、元請け比率が高まる。また、枌谷のブログが頻繁にシェアされるようになり、「ベイジ=ブログ」の印象が業界内で強くなる。
2013年 SEOで集客し、コンペで仕事を獲得するスタイルが定着。売上に占める元請け比率は70%ほどに。
2013年12月 現在の中核メンバーであるフロントエンドエンジニアの中村が参加。7名体制に。
2014年6月 スタッフ増加に伴い、同じ下北沢界隈で移転。
2014年12月 受注はほぼ元請けになり、比率は90%を超える。特にBtoB系のWebサイトの受注が増えはじめ、BtoBマーケティングの知見獲得を重点施策とする。
2015年3月 中途ではなく初の新卒採用が行われる。現在の中核メンバーであるデザイナーの長田はこの時の採用。8名体制に。
2015年12月 この年も元請け率100%に近い受注構成に。Web制作のみならず、コンサルティングやグロースハックを依頼されるケースも増え始める。
2016年4月 ベイジ初の女性社員として、デザイナーの高塚が参加。
2016年7月 ディレクターの今西が参加し、2017年4月入社予定の酒井もサポートメンバーとして参加。9名体制に。
2016年11月 Webサイトをリニューアル。BtoBサイト制作や業務システムのUX/UIデザインを主軸とする、マーケティングとデザインの両軸により特化した事業スタイルに移行。

会社紹介 Company Profile

沿革

ベイジは、当時フリーランスのWebデザイナーだった枌谷が2010年1月、1人で立ち上げたのが始まります。起業時の想いと、立ち上げから現在に至るまでの歩みをご紹介します。