アプリUI 仕事の進め方

3-2. ジャーニーマップ作成

執筆 野上 恵里
コンサルタント
読了時間の目安
2

対象アプリケーションを利用するユーザーフローを時系列のステップで表し、各ステップでのユーザーのニーズやユーザー心理を可視化したマップです。次工程以降もプロジェクトに共通した目線合わせのツールとして活用します。

ジャーニーマップとは、ユーザーがアプリケーションと接点を持つときの行動プロセスを視覚化したフレームワークで、ユーザーの感情の浮き沈みを感情曲線として表すのが特徴です。感情曲線が低いポイントほどユーザーの満足度が低く、改善の余地が大きいといえます。

ベイジのジャーニーマップは、BtoBアプリケーションの機能改善をふまえた項目を追加した独自のフォーマットです。BtoBに特化したジャーニーマップを活用し、アプリケーションとユーザーの接点を踏まえてユーザーフローを可視化します。

ユーザーフローとともに整理する項目は以下のような項目群です。

  • フェーズ・タスク
  • メインユーザー/関係ユーザー
  • タスクのきっかけ
  • タスクの目的
  • タスクの実施手段・方法
  • 入力情報/参照情報
  • 利用ツール/媒体(対象ウェブアプリケーションを含む)
  • 課題
  • インサイト
  • 改善アイデア

これらの項目の中で「フェーズ・タスク」~「課題」は、前述の「2-5-3. As-Isユーザー仮説設定」で行う「ユーザーフローの作成」のステップで仮説をベースに定義します。その後のユーザーリサーチの結果を反映し、さらにリサーチで得たインサイトを盛り込んだものをジャーニーマップとして扱います。

営業支援ツールに関するジャーニーマップ
営業支援ツールに関するジャーニーマップ

ベイジのジャーニーマップの基本フォーマットに感情曲線はなく、課題と捉えたすべてのタスクに対して改善アイデアを検討します。お客さまのご要望により感情曲線を加えることもできますが、曲線の高低に厳密な根拠があるわけではないので重要視しません。

ベイジに問い合わせる
1週間で14件のお問い合わせが入りました 1ヶ月間で100件のお問い合わせが入りました