アプリUI 仕事の進め方

5-3. クリエイティブ制作

執筆 塚元 舞賀
デザイナー
読了時間の目安
1

アプリケーションのトーン&マナーによってはイラスト制作が必要になったり、サービスロゴなどの制作が必要な場合があります。その際は別途お客さまにご要件を伺い、対象アプリケーションに組み入れます。

感覚的な領域が多く、作りこんでしまった後の修正が容易ではないため、以下のように段階的なプロセスで進行します。

  • 方向性のご確認
  • ラフスケッチ制作
  • ご提案および案の決定
  • 本制作
  • パターン展開
  • 画像化(SVG/PNG/JPEG)
  • HTML反映

ラフスケッチで出てきた不採用案などもすべてお客さまに開示し、認識相違が起きないようにしています。

ベイジに問い合わせる
1週間で14件のお問い合わせが入りました 1ヶ月間で100件のお問い合わせが入りました