コンテンツ制作支援

Webサイトには欠かせない
継続的なコンテンツ制作を支援します。

ブログなどで情報発信を積極的に行うWebサイトでは、コンテンツの制作と更新が不可欠となります。しかし、社内に優秀なコピーライターが在籍していることは少なく、コンテンツ制作が大きな障壁となり、活動が滞ってしまうことも少なくありません。

社内でのコンテンツ制作の停滞は、以下のような原因が複合的に重なって起こります。

  • 業務との兼任で時間が取れない
  • 文章を書くのが苦手で気が進まない
  • 何を書いていいかわからなくなる
  • 反応がないため、モチベーションが上がらない
  • コンテンツが良かった悪かったかの判断がつかない
  • 社内で評価されるわけではないので、やる意味を感じない
  • 何を基準に書くテーマを決めていいかわからない
  • Webサイト用のコンテンツがどうあるべきかの基準がない

私たちは、自社でブログや日報サイトなどのメディアを運営し、コンスタントにSNSで拡散され、そこから集客に繋げるといった、コンテンツ運営に関する一連の実績があります。SEOやSNSの特性を熟知し、どのようなタイトルを付けるべきか、どのようなタイミングで投稿すべきか、どのような内容に仕上げるべきか、といった細部に至るまでノウハウを有しています。このような実績や知見を活かして、上記のような問題を抱え、コンテンツ制作や運用がうまく行われていない企業の支援も行っています。

具体的な支援内容はWebサイトや企業の運営体制によって様々ですが、主に以下のような対応を組み合わせて、サービス提供を行っています。

  • マーケティング戦略とコンテンツ戦略の定義
  • 年間目標やKPIの再確認
  • SEOを視野においたキーワードの再リストアップ
  • コンテンツテーマの選定と提案
  • コンテンツ制作ガイドラインの作成
  • コンテンツ更新サイクル・プロセスの作成
  • コンテンツ制作チームの編成
  • コンテンツ編集会議の運営ルールと招聘
  • コンテンツ編集会議におけるファシリテーション
  • 直近のコンテンツ制作スケジュールの作成
  • コンテンツの別の目標設定
  • コンテンツ制作(取材・コピーライティング・撮影など)
  • コンテンツのチェック・承認
  • 必要な計測タグの埋め込み
  • コンテンツ公開
  • コンテンツへの集客(SNSへの投稿など)
  • 公開後の効果計測とフィードバック

これらの対応内容のうち、どれをクライアント企業側で行い、どこを私たちが支援、もしくは担当をするかは、クライアント企業側の体制とコンテンツ制作負荷、予算などで決定されます。

ベイジでは、Webサイトの制作だけでなく公開後の運用のお手伝いも積極的に行っています。定期的な更新業務だけでなく、指標を用いて改善を繰り返していくグロースハックまでご相談いただけます。また、改善だけのコンサルティングも行っていますので、こちらも合わせてご相談ください。

運用メニュー

コンテンツ制作支援

Webサイトのビジネス活用において、継続的なコンテンツ発信は不可欠です。一方で運用の最大のハードルとなるのもコンテンツです。事業貢献できる有益なコンテンツの企画・制作についても支援可能です。