フォーム開発・EFO

ユーザを離脱させない、
ストレスの少ないフォームを実現します。

フォームがWebサイトの成否を左右することは少なくありません。例えば、お問い合わせフォームや資料請求フォームは、Webサイトのゴールとなり、完了画面がコンバージョンポイントとなります。お金をかけて集客し、立派なコンテンツでユーザを迎え入れても、入力フォームでユーザを逃がしては、集客やコンテンツへの投資も無駄になってしまいます。

私たちのフォーム開発では、以下のような点を工夫し、エラーの発生率をできる限り抑え、できるだけストレスを感じず、ユーザを完了まで導くフォーム作りをしています。

入力フォーマットの単純化

半角と全角の使い分けや、郵便番号や電話番号のハイフン入力などは、サーバ側で自動変換すればよく、ユーザにそれを強いる必要はまったくありません。このようなユーザに入力フォーマットを強制させるような仕様は極力排除し、入力時のストレスを軽減します。

インラインバリデーション

フォーム入力で一番のストレスとなるのは、エラーメッセージです。すべての入力を終えた後にエラーメッセージが表示され、入力をやり直しさせるのは、ユーザが離脱する最大の要因になりえます。私たちが作るフォームには必ずインラインバリデーションを実装し、入力したその場でエラーチェックを行うようにして、入力の手戻りを極力発生させないようにします。

入力項目の動的変化

選択肢によって入力すべき情報が変わるようなフォームの場合には、入力項目の表示・非表示を自動的に切り替えるようにします。こうすることで、本当に必要な入力フィールドだけを表示し、入力に対する心理的な負荷を軽減したり、余計な入力をできるだけ減らしたりします。

自動入力の活用

郵便番号を入力すると住所も自動的に入ったり、漢字の指名を入れるとカタカナも自動的に入ったりするような作りにすることができます。このような工夫を積み重ねることで、入力の余計な手間を極力排除します。

大きな入力フィールド

入力フィールドをできるだけ大きくすることで、心理的に使いやすいと感じさせることができます。また、ラジオボタンやチェックボックスなどはLabel属性を使うことで、可能な限りクリックしやすくします。

ラジオボタンよりプルダウン

選択するまでに2回のクリックを必要とし、必ずクリックをしないとすべての選択項目が見えないプルダウンメニューよりも、最初からすべての項目が見えていて1クリックで選択できるラジオボタンの方が、ユーザには使いやすいUIとなります。選択項目の数などにもよりますが、できるだけ負荷の少ないUIパーツを選択していきます。

残項目の明示

必須入力項目があといくつ残っているかを明確にします。あとどのくらいで完了するかを明確にすることは、ユーザのストレスを軽減させる効果があります。

Submitボタンの無効化

入力が完了していなかったり、エラーがある状態でSubmitボタンを押せたりするから、エラーメッセージを表示させるというストレスを感じる状態にユーザをさせてしまいます。そもそも入力が完了していない場合に、submitボタンを押せないようにしておけば、このようなストレスを感じさせることは回避できます。

確認画面における情報提供

商材によりますが、確認画面に情報を表示させることで、アップセルやクロスセルを促したり、有益な情報提供を行ったりできることがあります。確認画面といって気を抜かず、有用なコンテンツや情報を盛り込めないか検討します。

完了画面における動線設計

ユーザが完了画面まで到達したら、あとは離脱してもらっていい場合がほとんどですが、ここでも使いようによっては、新たな興味を引いたり、アップセルやクロスセルを促したりすることもできます。完了画面からの導線もしっかりと設定していきます。

なお、フォームで入力されたデータは、メール送信、CRM、SFA、MAなどの外部ソリューションへのデータ送信、独自でDB構築して蓄積、といったいずれかの方法でも可能です。外部ソリューションと連携する場合も、API側の制約を把握したうえで、上記のようなフォームを使いやすくする工夫をできるだけ盛り込みます。フォームに関することで疑問点等あれば、プロジェクトの中でお気軽にご相談ください。

制作・開発メニュー Service Menu of Development

フォーム開発・EFO

インラインバリテーションなど、JavaScriptを活用してダイナミックに入力チェックを行う高機能で使いやすいフォームを制作します。フォームまで訪れたユーザの完了率向上に貢献します。