各種ガイドライン策定

公開後のWebサイトのパフォーマンスを、
数字で測り続けます。

運用をしていくなかで、当初設定したコンテンツやデザインのルールが崩れていき、Webサイト全体の質が徐々に低下していくことがあります。特に、複数の制作会社に依頼したり、複数の更新スタッフを抱えたりする場合にはこのような状況に陥りがちです。本来はWebサイトを良くしようと改善や更新を繰り返しているのに、結果使いにくく、質を落としていっては、本末転倒でしょう。このような事態を防ぐために、必要に応じて各種のガイドラインをご提供しています。

デザインガイドライン

ヘッダ、フッタ、レイアウトパターン、見出し、書体、色、マージンなど、基本的なデザインルールを記述したガイドラインです。細かく定義しすぎると形骸化することもあるため、運用時に守ることができる現実的なデザインルールのみを規定していきます。小規模サイトや、デザインの更新は社内で行わずに必ず私たちに依頼するような場合には、作成しません。

コーディングガイドライン

推奨環境、HTML、CSS、JavaScriptなどの記述ルール、ファイル命名規則などをまとめた、主にコーディング時に使われるガイドラインです。ユーザビリティやアクセシビリティ、SEO、更新性、軽量化などに影響を与える要素を中心にルール化しています。多くの場合は、Webサイトの設計時に作られ、公開のタイミングで最終的にアップデートされます。

表記ガイドライン

文字の開きやカタカナの記述、専門用語といった表記ルールなど、主にコピーライティング時に使われるガイドラインです。担当者によって表現にバラつきが出る可能性がある用語を中心に、ルール化しています。多くの場合はWebサイトの設計時に作られます。

これ以外にも、必要に応じてガイドラインやルールを策定することも可能です。要望があれば依頼時にお伝えください。またベイジでは、Webサイトの制作だけでなく公開後の運用のお手伝いも積極的に行っています。定期的な更新業務だけでなく、指標を用いて改善を繰り返していくグロースハックまでご相談いただけます。また、改善だけのコンサルティングも行っていますので、こちらも合わせてご相談ください。

運用メニュー

各種ガイドライン策定

スムーズな運用に必要なのは、きちんと明文化されたガイドラインです。デザイン、コーディング、コピーライティングなどの各種ガイドラインを整備し、クリエイティブの質を担保した運用を支援します。