コーディング

軽量化や処理速度にも配慮した、
質の高いコーディングを行います。

HTMLおよびCSSのコーディングは、事前に定められたガイドラインに基づき、明確なルールのもと行われます。詳細な内容は案件次第ですが、主に以下のような方針でコーディングを行います。

推奨環境

基本的にはターゲットユーザのデバイス環境を元に決定していきますが、目立ったデバイス特性がない場合には、以下を推奨環境としてコーディングを行います。

PC

OS Windows OS 8以上 Mac OS X 10.7以上
ブラウザ Internet Explorer 11
Microsoft Edge最新版
Chrome最新版
Firefox最新版
Safari最新版
Chrome最新版
画面サイズ 1280×768 1280×768

スマートフォン

OS Android OS最新版 iOS最新版
ブラウザ デフォルトブラウザ Safari最新版
画面サイズ 未設定 未設定

HTML

特に指定がない場合は、HTML5.0で記述します。文字コードはUTF-8、改行コードはCR+LFを標準で採用します。Web標準に準拠し、論理的な文書構造を持ったソースコードを目指します。

CSS

情報とデザインを分離し、論理的で汎用性が高いコーディングを実現するため、デザインに関する指定はすべてCSSで行います。記述形式はCSS3を標準とし、プロジェクトに合わせた設計思想を採用しています。汎用的で拡張性の高い設計を目指しており、クライアント企業側で更新をする場合でも、CSS構造を容易に解釈し、改変や更新ができます。

JavaScript

JavaScriptの実装には、jQuery(3系)をメインに使用しています。ES2015のClass構文を使用し、汎用的かつ拡張性に優れ、バグや不具合の箇所が特定がしやすいソースコードを心がけています。また、webpackを利用し機能ごとにファイルを分けた管理方法を導入しているため、1ファイルの記述量が少なく、クライアント企業側で更新する場合でも解釈しやすいファイル構成を目指しています。なお、ご指定のライブラリやフレームワークなどあれば柔軟に対応いたします。

プラグイン・外部ファイル

プラグインは基本的に使用しません。PDFなどを使用する場合には、アイコンなどで明示します。

マルチデバイス対応

ほとんどの案件でマルチデバイス対応を行っており、特にレスポンシブWebを導入するケースが大半を占めます。また、リキッドレイアウトを併用し、画面サイズに依存しないデザインを実現します。

コーディングは目に見えない部分ですが、コーディングの質がWebサイトの質に影響を与えると考え、抜かりなく制作を行っています。技術的な知識が豊富なフロントエンドエンジニアも在籍しています。コーディングに関して不明なことがある場合は、プロジェクトの中でお気軽にご相談ください。

制作・開発メニュー Service Menu of Development

コーディング

マルチデバイス、マルチブラウザ時代に対応した、汎用性の高いコーディングを行います。CSSの記述方法、JavaScriptで使用するライブラリも統一し、論理構造や処理速度なども考慮してコーディングします。