コピーライティング・取材

戦略やSEO、ユーザ行動などを考慮した
Webサイトに特化したコピーライティングを行います。

「コンテンツ・イズ・キング」という言葉があるように、Webサイトの価値の中心は、コンテンツです。では、戦略コンセプトを満たしたコンテンツをただWebサイトに掲載すればよいか、というと当然ながらそうではありません。コンテンツの表現には写真、イラスト、映像、インタラクティブなど様々な選択肢がありますが、今なお主流になっているのは、テキストです。そして、このテキストの質=コピーの質が低ければ、コンテンツが伝えたいことは的確にユーザに伝わらず、コンテンツが戦略の中で機能することは難しくなるでしょう。つまり、コンテンツが重要であると同時にコピーも重要である、ということがいえるわけです。

私たちは、Web戦略におけるコピーの重要性から、コピーライティングのお手伝いも積極的に行っています。Webのコピーはいわゆる広告コピーと異なり、「どう表現するか」よりも「何を伝えるか」がより重要視されます。このようなWebメディアの特性を考慮し、以下のようなポイントを押さえてコピー作りを行います。

  • 社内で浸透している言葉ではなく、ユーザが使っている言葉を採用する
  • カテゴリ名、ページタイトルには検索キーワードを含める
  • 検索結果やSNSでクリックを誘発しやすいページタイトルを作る
  • 見出しを重視し、本文を読まなくても見出しだけで内容が伝わるようにする
  • H1やH2などの論理タグを意識し、有益な情報をコピーに盛り込んでいく
  • 情緒的だが情報が含まれないコピーより、無骨だが情報が多いコピーを優先する
  • 短くて情報が少ないコピーより、長くて情報が豊富なコピーを優先する
  • 1ページに含める文章は、ある程度のボリュームと密度を持たせる
  • ボタンのラベリングは「~する」という動詞にする

なおコピーについては、必ずしも私たちが作るわけではなく、以下のようなパターンがあります。いずれの場合でも、案件特性や要望に応じて、柔軟に判断して対応しています。

  • 完全原稿をご提供いただける
  • ラフな原稿案をいただき、私たちで微調整する
  • 原稿の元情報をいただき、私たちで大きく加筆修正する
  • 取材を行い、新規に原稿を作成する

ベイジでは質の高いコピーライティングにもこだわって制作を行っています。Web制作の中でコピーが必要な場合には、私たちまで遠慮なくご相談ください。

制作・開発メニュー Service Menu of Development

コピーライティング・取材

Webサイトのコピーは広告コピー以上に「どう表現するか」よりも「何を伝えるか」が重視されます。SEOやWebサイト上でのユーザ行動を考慮した、Webサイトに特化したコピーライティングを行います。

ご相談・お問い合わせはこちら
ご相談・お問い合わせ