サイトマップ設計

戦略にもとづいてコンテンツを組織化し、
Webサイトの構造を決定していきます。

戦略フェーズでリストアップされたコンテンツ群を組織化し、Webサイトとして構造化していきます。構造を作るうえでは、LATCH(位置、五十音順、時間、分野、階層)のような情報設計の観点のみを重視するわけではありません。KPIやSEO、サイト内体験シナリオで定義された行動動線など、マーケティング戦略的観点、UX的観点といった戦略的要件と情報の論理性とのバランスを取りながら、Webサイトの構造を決定していきます。一連のサイトマップ設計を通じて、カテゴリ構造とページ数が確定し、より詳細な見積やスケジュールの策定が可能になります。私たちのワークフローでは、多くの場合、以下の2種類のサイトマップが作られます。

ハイレベル・サイトマップ

Webサイトの基本構造を整理した大まかなサイトマップです。詳細なページの洗い出しまでは行わず、グローバルナビゲーションに影響を与える基本的なカテゴリ構造と、カテゴリ間の関連性を定義します。また、サイト内体験シナリオとローレベル・サイトマップの中間に位置し、動線設計の考えをWebサイトの構造内に含めるためにも使われます。特に巨大サイトにおいては、いきなりページ単位でサイトマップを作成すると、Webサイトの全容がつかめなくなることが多いため、初期段階ではまずハイレベル・サイトマップを作成して、全体構造を定義していきます。

ローレベル・サイトマップ

ページ単位までブレイクダウンした精緻なサイトマップです。ハイレベル・サイトマップをベースとし、戦略フェーズで抽出されたコンテンツを詳細に分類し、ページ化していきます。ローレベル・サイトマップでは、単に構造を定義するだけではなく、ディレクトリ名やファイル名、対応するキーワード、TITLE属性やMETA属性、CMSやSSLの対象範囲やプロトタイプやデザイン、HTMLの対象範囲、フェーズ分けなど、Webサイトを制作する上で必要な情報をページ単位で記述した、仕様書に近い性質を持つドキュメントです。また、開発フェーズ以降のスケジュールや見積書の根拠資料となります。

ベイジは目に見える部分だけでなく、その根底にある戦略的な企画や設計を非常に重視しています。成果につながる戦略的なWeb制作をご希望の方は、私たちまで遠慮なくご相談ください。

企画・設計メニュー Service Menu of Planning

サイトマップ設計

Webサイトのカテゴリ構造とページを定義します。構造を指し示すだけでなく、動線やキーワード、各種属性値の設定や要件なども記載され、スケジュールや見積の根拠にもなる重要な仕様書の一つです。

ご相談・お問い合わせはこちら
ご相談・お問い合わせ