ブランド分析

Webサイトが扱うブランドを定義し、
コンテンツやコピー、デザインに一貫性を与えます。

戦略フェーズでは、ユーザ視点で検討するだけでなく、ブランド視点での検討も重要です。ユーザ視点でユーザの希望にすべて応えるのが、事業の成果を生むわけではないためです。マーケティング戦略から、ブランドのコンセプトを明確にし、ユーザ体験の中で、どのようなブランドイメージを抱いてもらうのが良いかを、戦略段階で明確に定義します。

ブランドの3つの段階

ブランド分析は、ブランディングにおける課題の抽出と、ブランド構造の理解・定義を中心に行われます。ブランディングにおける課題の抽出は、以下の3つの視点から行われます。

ブランド認知

以下に優れた製品やサービスを提供していても、それが知られていなければ、ブランドとしては成立しません。ブランドがきちんと認知されているか、というのは、あらゆるブランドの最初の課題となるでしょう。このブランド認知に問題を抱えている場合、Webサイトにブランド認知の役割を与え、そのためのコンテンツを掲載し、運用することが考えられます。また、ブランド名を含むキーワードによるアクセスの増減を把握することで、間接的にブランド認知の増減を推し量ることが可能になります。

ブランド連想

ブランドが認知されていても、間違って理解されていたり、好意的に思われていなかったりすれば、そのブランドは顧客を捉えることは難しくなるでしょう。このブランド連想に問題を抱えている場合には、イメージを転換させるようなコンテンツをWebサイトに掲載したり、ターゲットユーザの好意を醸成するようなネット上の施策を行ったりするなどに、Webサイトを活用することができます。その場合のWebサイト内の指標は、ブランドコンテンツの滞在時間やスクロール深度、目標のクリック数などになります。

ブランドロイヤリティ

ブランディングの最終目標は、ブランドロイヤリティの獲得です。強固なブランドロイヤリティが形成されれば、そのユーザが他のブランドにスイッチする確率は大きく減少し、あるいは他のユーザにブランドの価値を広める活動などをしてくれます。ブランディングのこのステージにおいても、会員向けコンテンツやサイトを提供するなど、ロイヤリティサービスをWebサイト上で展開することで、貢献することが可能です。その際の指標は、訪問頻度や利用率などになります。

ブランドピラミッドの構造

ヒアリングなどから「ブランドピラミッド」を作成し、企業や商材のブランドを構造化してとらえます。ブランドピラミッドで定義された内容は、ターゲット分析などと相関しながら、Webサイトの隅々まで浸透されていきます。特に、コンテンツの方向性、コピーのテイスト、デザインのトーン&マナーには、ここで定義した内容が強く作用します。

属性・ファクト

ブランドを構成する事実情報です。実績、機能、優位性、文化、組織など、ブランドの形成に関わっていると思われる様々な事実情報の集積です。

機能ベネフィット

そのブランドを利用することで顧客が享受する、機能面での具体的な効能や作用、利便性です。多くは商材の機能や性能、安全性、安定性、コストパフォーマンスなどから派生します。ブランドの価値を具体的に実証できる要素ですが、機能ベネフィット頼みのだとロイヤリティを形成しにくいとも言われます。

情緒ベネフィット

そのブランドを利用することで顧客が享受する、精神面での便益です。安心感、信頼感、高揚感、多幸感など、感情を表現する言葉で構成されます。商材の使用感だけでなく、デザインや演出、文脈などによっても変わります。また、Webサイトの配色設計などに深く関与します。

自己表現ベネフィット

そのブランドを利用することで得られる、自己表現・自己実現面での効能です。高額商品などに多いですが、必ずしも所有物になるものばかりではありません。また、ラグジュアリーであること以外に、ブランドの社会性の高さや文脈なども自己表現ベネフィットに繋がります。

ブランドパーソナリティ

ブランドを擬人化して表現したもの。ファクトやベネフィットなどのブランドエレメントからブランドを人に置き換え、ブランドイメージやブランドの方向性をより分かりやすく表現します。

ブランドビジョン

ブランドのあるべき姿、理想形です。すべてのブランドエレメントが、ブランドビジョンの影響を受け、ブランドビジョンに集約されます。ブランドビジョンがないブランドは、一貫性を欠き、明確な指針を失い、場当たり的なブランディングを行ってしまう可能性が高まります。

Webサイトの制作やリニューアルにあたってブランディングを再検討されたい場合には、あわせてベイジにご相談ください。また、Webサイトに特化した調査・分析だけの仕事も請け負っています。遠慮なくご相談ください。

戦略メニュー

ブランド分析

企業が考えているブランド戦略やブランドの構造を整理します。分析結果をコンテンツや設計、デザインにフィードバックすることで、ブランドと一貫性のあるWebサイトを実現します。