競合サイト分析

専門的な視点で競合サイトを評価し
Webサイトの競争戦略にフィードバックします。

ターゲットや商材が似通った競合が存在し、ネット上での熾烈な顧客の奪い合いが行われている業界では、競合サイトを把握しておくことは戦略上急務となります。特に人材、不動産、EC、Webサービスなどでは、競合の把握がWebサイトの成否、さらにはその会社の業績をも左右することがあります。Webサイトを検討するうえで、競合の把握が必要と判断される場合には、主に以下のような観点から、競合サイト分析を行います。

検索順位比較

ターゲットキーワードの検索結果上で競合しているWebサイトについて、主にSEO的な観点から調査します。コンテンツやサイト構造、ソースコードの構造、ラベリングなどを中心に独自の指標で分析し、リニューアルサイトのコンテンツ企画や設計に反映します。

コンテンツ比較

競合サイトが掲載しているコンテンツの内容、質、量を比較します。コンテンツはWebサイトの魅力を大きく左右する要素であるため、多くの場合、競合サイト分析の最重要項目となります。主観的な良し悪しではなく、ターゲット分析から導き出したターゲットニーズを基準としたうえで、競合と比較して劣っている部分、優れている部分を明確にし、リニューアルの参考情報とします。

機能比較

検索やナビゲーション、マルチデバイス対応、CMSなど、競合サイトが実装している機能を分類し、その効果を比較します。技術的に高度かどうかではなく、マーケティング戦略やターゲットニーズに対して、その機能が適切かを判断したうえで、競合サイトとの比較を行い、リニューアルの参考情報とします。

ユーザビリティ比較

操作性に関する5~6項目ほどの評価項目を用いて、デザイナーによるヒューリスティック評価、もしくはターゲットユーザによるユーザテストを行い、競合サイトと比較します。調査結果はレーダーチャート化し、ユーザビリティ面での競合サイトの優位性を評価し、サイト改善時の参考情報とします。

デザイン・ブランド比較

デザインやブランドに特化した5~6項目ほどの評価項目を予め定義し、アートディレクターによるヒューリスティック評価を行い、競合サイトと比較します。単なる見た目の良し悪しだけではなく、ブランディング観点からのコピーの質、写真や映像などのビジュアルの質、トーン&マナーなどの一貫性、およびクリエイティブ全般の質について、詳細に評価し、比較します。

なお、競合サイト分析は必ず実施すべき、というわけではありません。特に以下のような企業やブランドにおいては、競合サイトを分析しても有用な情報が得られることは少ないでしょう。こういった場合は、自らが向き合うべきターゲットにフォーカスし、他の調査を優先することをおすすめしています。

  • ユニークな商材を扱っており、競合がいない
  • 競合のWeb施策が未成熟で参考にならない
  • 似通った製品やサービスを提供しているが、ターゲットが重複していない
  • Web上のユーザ行動として、競合サイト間での比較がほとんど行われない
  • 競合の動向とは関係しないコンテンツで構成される

Webサイトの制作やリニューアルにあたって競合サイトの調査を行っておきたい場合には、あわせてベイジにご相談ください。また、競合サイト分析のみならず、Webサイトに特化した調査・分析だけの仕事も請け負っています。遠慮なくご相談ください。

戦略メニュー

競合サイト分析

顧客の奪い合い激しい業界では、競合サイトの動向が事業に大きく影響することがあります。コンテンツ、機能、デザインといった項目ごとに、専門家がWebサイトの優劣を比較し、アイデアを引き出します。

ご相談・お問い合わせはこちら
ご相談・お問い合わせ