ヒューリスティック評価

経験豊富な専門家たちが、
データでは分からない課題を見つけ出します。

Webメディアの最大の強みは、データを収集できる点です。しかし一方で、データではうまく取れない領域も存在します。例えば、ブランドとの一貫性は、ログ解析の数字からはうかがえないでしょう。また、ユーザビリティやアクセシビリティなどの分野は、ログ解析で直接評価することはできません。

こういった、ツールを使った定量分析が適さない領域については、専門家の経験則による評価を行います。定性評価には専門家ではなくターゲットユーザを用いたユーザテストという手段もありますが、被験者を手配することなく、専門家を使って素早く実施する方が費用・時間帯効果が高いケースもあります。

ヒューリスティック評価に適した分野

以下のような評価項目については、調査の精度や投資対効果の面から見て、ヒューリスティック評価で行った方が良いケースが多々あると考えています。

  • マーケティング戦略の妥当性評価
  • コンテンツの質の評価
  • ユーザ動線の妥当性評価(認知的ウォークスルー)
  • サイト構造の妥当性の評価
  • ユーザビリティ要件の妥当性評価
  • アクセシビリティ要件の妥当性評価
  • デザインの質の評価
  • コピーの質の評価
  • SEOの妥当性評価

ヒューリスティック評価の精度は、評価者のスキルに依存します。そのため私たちは、戦略や設計系項目については業界経験10年以上、デザインやフロントエンド、サーバサイドについては業界経験5年以上のスタッフが評価を担当します。その他、プロデューサー、ディレクター、デザイナー、フロントエンドエンジニア、サーバサイドエンジニアまで、Web戦略・構築に必要な職能をすべて内部に抱えているため、必要に応じて、分野を横断した幅広い調査が可能です。

Webサイトの制作やリニューアルにあたって専門家の視点から調査をしてほしい場合には、あわせてベイジにご相談ください。また、Webサイトに特化した調査・分析だけの仕事も請け負っています。遠慮なくご相談ください。

戦略メニュー

ヒューリスティック評価

データ収集が容易なWebサイトでも、データ化できない領域は多く存在します。コンテンツやコピーの質、ブランドとの一貫性など、人為的な評価が必要な領域について、専門家が的確な分析を行います。