ログ解析

ビジネスやマーケティングを理解した専門家が、
示唆に富んだ有益なログ解析のレポーティングを行います。

サイトリニューアルを行うのであれば、ログ解析は不可欠です。なぜなら現状サイトのログには、他のどんな調査データや競合サイトにも勝る貴重な情報が詰まっているからです。

基本的にはGoogle AnalyticsやAdobe Analyticsなどのログ解析ツールを用い、Webサイトの現状を診断します。場合によっては、Googleタグマネージャーなどを用いて、デフォルト設定のままでは取得できない計測項目を収集します。このような設定項目のカスタマイズも、私たちが行っています。

ログ解析をするうえでの障壁

解析ツールは進化しており、ログの収集や可視化自体はそれほど難しくありません。一方でツールが進歩しても変わらず難しいのは「ログが何を示しているのか?」「ログから何を改善すればいいのか?」といった具体的なアイデアを導き出すことです。これには、ログ解析ツールのオペレーションスキルだけでなく、マーケティングやWebテクノロジー、クリエイティブなどの総合的な知見が必要とされます。ツールの操作に習熟しただけでは、必ずしも有益な結論を導き出せないのです。

このようなことから、適切なログ解析から改善策まで結び付けらる人材をインハウスで育て上げるのは簡単なことではありません。事実、企業が自主的に行ったログ解析レポートなどを拝見すると、Webサイト全体のPVや訪問数、人気ページや検索キーワードのランキングが集計されているだけ、ということが散見されます。こういった全体を俯瞰したようなサマリー情報や、一切セグメントされていない情報は、ほとんど役に立たず、かといって、ログ解析ツールに並んでいるすべての情報を、しらみつぶしに見ていくことも得策ではありません。このバランスを見極めるのが、ログ解析の難しいところなのです。

ログ解析で重視すべきポイント

私たちがログ解析を行う上で、絶対的な基準としているのはKPIです。そのKPIへの影響因子を中心に、数字を紐解いていかなければなりません。Webサイト全体としては問題ないように見える直帰率も、細かく分類してみれば、あるグループでは直帰率が高くあるグループでは直帰率が低い、という差が存在します。では、直帰率が高いグループは、何が原因でそうなっているのか?このように細かくセグメントしたうえでの考察が、Webサイトのボトルネックを明らかにしていきます。

解析の最初の段階では、Webサイトの入口(流入経路)と出口(コンバージョンポイント)をつぶさに見ることが重要です。Webサイトの特性や目的によっても変わりますが、多くのWebサイトの場合、例えば以下のような項目が、最初に見るべき項目となりえます。

  • ページ属性別に分類したランディングページグループ毎のCV率や直帰率の比較
  • キーワード属性別に分類した検索キーワードグループ毎のCV率や直帰率の比較
  • 広告種別に分類した広告グループ毎のCV率や直帰率の比較
  • 流入経路の違いにより閲覧コンテンツの違い
  • トラフィックの多いページにおける遷移先ページとUIの相関調査
  • 入力フォームにおける入力から完了までの到達率

上記のような概要分析からいくつかの仮説を導き出し、問題が潜伏している個所について、カスタムディメンションを使った多次元分析や多階層セグメンテーションを用い、より詳細な分析を行っていきます。そしてそこから、もっとも大切な、「ではどうすべきなのか?」という具体的な改善策を導き出していくべきです。

私たちは、ログ解析のみならずマーケティングに関する知見も総動員して、ログ解析を行います。一部の解析サービスにおいてみられる、不要な調査項目まで含んだ形式的なレポーティングや、改善策を含まないレポーティングは行っていません。クライアント企業の特性、Webサイトの現状、そしてKPIとの相関関係などから、本当に必要な箇所のみを深く分析し、具体的なアイデアを導き出します。デザイナーなどの制作チームを持つ私たちだからこそ、実行可能で、具体性を伴う、真に有効な改善策を導き出すことができます。

Webサイトの制作やリニューアルにあたってログ解析を行いたい場合には、あわせてベイジにご相談ください。また、Webサイトに特化した調査・分析だけの仕事も請け負っています。遠慮なくご相談ください。

戦略メニュー

ログ解析

ツールの進化でログの確認は容易になりましたが、適切な分析は未だ簡単ではありません。マーケティングとログ解析に精通した専門家が、KPIを元にした適切な分析から有効な改善案を提案します。